「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

成績も上位、バンカーショットが上手いプロゴルフ選手

2017 7/12 14:39hiiragi
ジェニー・シン選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by BUGNUT23/Shutterstock.com

バンカーショットが、苦手だというゴルファーの方は多いかもしれない。確かに、他とは打ち方が違うバンカーショットは、なれるまでに時間がかかるかもしれない。ここではバンカーショットの概要やコツと共に、バンカーショットが上手なプロゴルファーを紹介する。

短いバンカーショットは砂と一緒にボールを飛ばすエクスプロージョン

バンカーショットはカップまでの距離によって、打ち方ががらりと変わる。カップまでの距離が長いクロスバンカーなどはボールを直接打つが、距離が短いガードバンカーでは、砂と一緒にボールを飛ばすエクスプロージョンを使う。
エクスプロージョンでボールを飛ばせる距離は約30ヤードほどだから、一つの目安にしてほしい。エクスプロージョンには、専用のクラブとして、サンドウェッジが用意されている。エクスプロージョンで対応する短い距離にはサンドウェッジを使い、長い距離には相応の距離が出るクラブを使う。

すくい打ちは厳禁

距離を出したいバンカーでは、ダフればボールは飛ばない。距離が欲しいからと力を入れるのではなく、確実にボールをヒットしてほしい。
その分大きめのクラブを持つ。距離の短いバンカーはエクスプロージョンだ。ボールの手前5cmぐらいにクラブを入れて、砂と一緒にボールを飛ばす。
ボールの位置は体の正面で、クラブを開くときは少しオープンに構える。普通の打ち方をすればサンドウェッジの構造でボールは出る。砂を切る感覚を入れれば、振り抜きがよくなる。上げようとしてすくい打ちは厳禁だ。

おすすめの記事