「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボールを上げてランを抑える、ピッチショットの上手いプロゴルファー

2017 7/12 14:39hiiragi
片山晋呉選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mooinblack/Shutterstock.com

ピッチショットは距離のあるアプローチや、グリーン面が見えないときに有効な、ボールを上げるアプローチだ。グリーン周りでランが出せない場面でも使う。ここでは、ピッチショットを打たなければいけない場面やコツと共に、ピッチショットの上手いプロゴルファーを紹介する。

距離を合わせるのが難しい厄介なショット

ボールの場所まで行ってみると、ランニングはもちろんピッチエンドランでも寄りそうもない場面に遭遇することがある。カップからグリーンエッジまでの距離がほとんどないショートサイドにボールがあるときや、距離はあってもカップに向かって下っている場合など、ランが使えない状況がそうだ。
こんな時はランを出さないピッチショットが有効だが、ショットそのものが難しく、上手く打てたとしてもなかなか距離が合わない厄介なショットだ。クラブは一番ロフトのあるアプローチ用クラブを使う。

まずはグリーンに乗せることを考える

ピッチショットを打つ時は、ボールの位置は体の中心か少し左足寄りにおいて構える。体を開いてクラブのフェース面を目標に合わせるとロフトが寝てくるので、より高いボールを打ちやすくなる。後は、ボールをすくい上げる意識をなくして、距離はふり幅で調整する。
決まれば満足度の高いショットだが、まず考えたいのは最悪にしないことだ。狙いすぎてグリーンまで届かない状態が最悪だ。まずはグリーンに乗せることを意識すれば、大きな失敗をしなくても済むだろう。

おすすめの記事