「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

これは神業!ロブショットの上手なプロゴルフ選手

2017 7/12 14:39hiiragi
松山英樹選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by L.E.MORMILE/Shutterstock.com

ロブショットはプロゴルファーでも成功確率の少ない、高度なアプローチショットだ。もうこのショットでしか活路は開けないという状態でしか普通は使わない。ここではそんなロブショットの概要や、打ち方、上手なプロゴルファーなどを紹介する。

真上に上げて落とす

ロブショットは、クラブフェースをボールの下で滑らせて、ボールをほぼ真上に飛ばして落とすショットだ。高く上がったボールは、落ちた場所からほとんど動かない。
ショートサイドの狭いエリアのピンや、バンカー越えのすぐ近くにあるピンを狙うときには有効だが、ロブショットのできるライは限られている。ボールの下にクラブの入る隙間が必要なのだ。
クラブはロフトの大きいウェッジを使う。専用のロブウェッジなども発売されている。アプローチウェッジを寝かせて使っても大丈夫だ。

成功のコツは思い切り振りぬくこと

ボールは体の中央か少し左足寄りに構え、気持ちオープンスタンスにする。クラブも開いて、フェースが地面と平行になるくらい水平に近くする。そしてクラブフェースをボールの下で走らせるのだ。
この時、気を付けなければいけないのはスイングを途中で緩めないことだ。怖がらずに思い切り振り切る。ボールの下の芝を切る感覚で打てば、ボールは上がりやすくなる。ただ、いわゆる“だるま落とし”やトップとも紙一重のショットだ。うまくいけば儲けものぐらいの感覚でトライしてみてほしい。

チップインバーディで逆転優勝のロブショット、タイガー・ウッズ選手

タイガー・ウッズ選手は1996年のプロ入り以来、PGAツアー79勝、メジャー14勝と現役最高のプロゴルファーだ。残念ながら、2015年途中に戦列を離れ、2016年は全休、2017年初め戦列復帰したものの、腰痛が再発し、再び戦列を離れた。2017年マスターズも欠場し復帰のめどはたっていない。
それでもタイガー・ウッズ選手のロブショットの数々は鮮烈な衝撃を与えた。中でも2012年ザ・メモリアルトーナメント最終日の16番ホールで池に向かって放ったロブショットはチップインバーディとなり、逆転優勝となる一打だった。

ロブショットが大好き?フィル・ミケルソン選手

フィル・ミケルソン選手は、1992年にプロに転向すると1993年には初優勝を飾り、以降PGAツアーで42勝を挙げ、メジャーにも5回勝っているトッププレーヤーだ。
元々攻めのゴルフが得意で、林の中からでもグリーンを狙って、無理だと思われるショットを何度も成功させてきた。その一環かロブショットも得意で、グリーン周りのボールは全てロブショットでアプローチしているとまで言われている。2013年全英オープンを勝った時には、ロブショット専用なのか、64度のウェッジを入れていたほどだ。

池に向けて放ったロブショットでバーディ、松山英樹選手

松山英樹選手は、2013年のプロ転向以降順調に成長を続け、世界ランキングでも1位を狙えるポジションまでになった。PGAツアー2016-17年シーズンでも既に2勝を飾り、フェデックスカップポイントでもトップ争いをしている。
松山選手は日本人離れした体幹をもち、全てのプレーにおいて安定した結果を残している。ロブショットも必要な場面では当たり前のように行う技術を持っているのだ。2016年アーノルドパーマー招待の初日6番ロングホールでは、花道とラフとの境目から3打目を池に向かってロブショットを放ち、見事バーディを獲得した。

まとめ

究極のアプローチショットともいわれる、ロブショットの概要や使いどころと共に、ロブショットが上手なプロゴルファーを紹介した。ピンチをチャンスに変えるロブショットの成功の極意は怖がらずに思い切って打つことだそうだ。なにやら、人生にも通じるものがあるショットだ。

関連記事

おすすめの記事