「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アプローチの基本・ランニングアプローチのうまいプロゴルフ選手

2017 7/12 14:39hiiragi
石川遼選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Chatchai Somwat/Shutterstock.com

そこにカップが見えている場面では、アプローチを上手に決めてなんとかパー以下で上がりたいものだ。ボールからカップまでに障害物がないときは、迷わずランニングアプローチを選択しよう。ここではランニングアプローチを使う場面やコツと共に、上手いプロゴルファーを紹介する。

転がしがアプローチの基本

ランニングアプローチは比較的易しいアプローチだ。ボールとカップの間に障害物のない状態で、ボールを転がしてカップに寄せる。グリーンエッジ近くにボールが止まったときは、まずパターが使えないか考えるが、エッジの芝が気になるようなら、ランニングアプローチを選択する。
クラブは、ウェッジ~7番アイアンぐらいを使う。ボールを上げる必要がないので、ロフトの少ないクラブの方が、トップの心配も少なく、フェース面を有効に使える。

専用クラブを決めておくのも方法

ウェッジを使う場合は、ボールを体の中心より右足寄りに置くか、ハンドファーストにして少しクラブを立ててやる。距離は打つ強さで合わせるか、クラブで合わせるかどちらでも構わない。ロフトの少ないクラブの方が、転がる距離は長くなる。カップまでの距離や、グリーンの状況で、距離を合わせやすいクラブを選ぶ。
もう一つの方法は、ランニングアプローチにはこのクラブだと決めておくことだ。例えば、8番アイアンだと決めておけば、迷うこともなく、距離感もつかみやすくなり、安心感も生まれる。

おすすめの記事