「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴルフルールブックに沿って解説するゴルフのルールと処理の方法その4

2017 6/30 12:56hiiragi
ゴルフボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

拾い上げたボールは基本拭くことができる。

規則21は「球をふく(付着物を取り除く)こと」について書かれている。パッティンググリーンに乗ったボールは、例外なく拭けるので問題ない。それでは、パッティンググリーンに乗っていないボールはどうか。
ボールはあるがままにプレーの原則にのっとり、いくら泥が付着していても拭くことはできない。しかし、拾い上げたボールは拭くことができる。

【拾い上げたボールで拭くことができないケース】
・プレーに適さないボールかどうか確認する時
・自分のボールかどうか確認する時
・同伴者のプレーの妨げや援助になっている時
わかりやすく言えば、確認のための拾い上げと、ボールが近くに止まって邪魔になるからマークして拾い上げたときには拭けない。

【一般的に(又は問題なく)拭くことができるケース】
・プリファードライ(大雨や猛暑など1時的なコースの悪化によりボールの拾い上げを認めるローカルルール)でボールを動かしてもいい時
・動かせない障害物から救済を受けるときに拾い上げた時
・パッティンググリーンに乗っていると勘違いしてカラー(グリーン周りの少し芝が長いエリア)にあるボールを拾い上げた時
※止まっているボールを動かした罰は1打払わなくてはいけないが、拭いても罰はない。

援助になるボールは拾い上げる、妨げになるボールは拾い上げてもらえる

規則22は「プレーの援助や妨げになる球」からの救済や処置について書かれている。
1.同伴競技者のプレーの「援助になるボール」は拾い上げることができる(自ら拾いあげる)
2.自分のプレーの「妨げになるボール」は拾い上げを要求することができる(拾い上げてもらう)

援助になる場合は、ほとんどのケースがパッティンググリーン上だから拾い上げても問題はないが、妨げになる場合は注意が必要だ。パッティンググリーン上でない場合、妨げになっていると自分が思うだけでは拾い上げることはできない。これからプレーをする同伴者に、拾い上げるよう要求されて、初めて拾い上げることができるのだ。
また、拾い上げを要求された場合は拒否はできない。(ただしストロークプレーの場合は、拾い上げを要求された時、拾い上げないで先にストロークすることもできる)
妨げになるボールの範囲は広く、物理的にストロークの邪魔になる状況やプレーの線上にあって当たりそうな状況だけでなく、少し離れていても視野に入って打ちにくいなどの、精神的に妨げになっている場合も含まれる。

おすすめの記事