「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

国内女子ゴルフ、日本人選手が賞金女王を独占していた時代があった

2017 6/30 12:56hiiragi
上田 桃子
このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年から6年連続賞金女王、絶対的な強さを誇った不動裕理選手

2016年国内女子ゴルフツアー賞金女王は韓国出身のイ・ボミ選手が獲得した。これで2010年からの7年間、賞金女王は2013年の森田理香子選手を挟んで6回が韓国出身選手で占められた。2017年も11戦を終わって韓国出身のキム・ハヌル選手がリードしている。
韓国選手に席巻された感のある国内女子ゴルフツアーだが、それほど遠くない過去には日本人選手が賞金女王を独占していた時代が確かにあった。絶対的な強さで一時代を築いた不動裕理選手と、共に戦い後に続いた歴代賞金女王達の時代だ。
不動選手は熊本県出身で1996年プロテストに合格した68期生。翌1997年には賞金ランキング34位でシード権獲得、1999年に初優勝を挙げると、2000年には6勝を挙げ賞金女王に輝いた。
以降6年連続賞金女王の座に就くが、2003年にはツアー新記録となる年間10勝、2004年には通算30勝を挙げ永久シード権を獲得など、類まれな強さで絶対女王として君臨、付け入るスキを与えなかった。 後に続いた4人も個性派ぞろい。偶然の一致か不動選手含め全員が九州出身だ。

2006年賞金女王は不動裕理選手の7連覇を阻んだ大山志保選手

大山選手は、宮崎県出身。ゴルフは10歳の頃より始め、アマチュアで活躍、1994年の日本女子アマチュアゴルフ選手権競技で優勝をしている。2000年プロテスト合格の72期生。日本大学を中退してプロに転向した。
2002年に賞金ランキング29位でシード権を獲得すると、2003年にはベルーナレディースカップゴルフトーナメントで初優勝を飾る。2005年には最終戦LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップで、不動選手と優勝を争い3連覇を阻止した。この試合は、最終日2位に着ける不動選手と3打差の首位でスタートすると、後半3連続バーディで勝負を決めた。最終戦でメジャー初優勝を飾り、賞金ランキングでも3位に躍進、翌シーズンに期待を持たせた。
2006年は4月のフジサンケイレディスクラシックで早々と優勝を飾ると、5月のサロンパスワールドレディスゴルフトーナメントでも優勝を飾り、賞金ランキングでも独走態勢に入る。そして8月には月間3勝を挙げ賞金額も1億円を突破、最終的には1億6千万円を超える新記録で賞金女王に輝いた。

おすすめの記事