「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

強気の攻めが魅力、人気ゴルファーリッキー・ファウラー選手の戦歴

2017 6/30 12:56hiiragi
リッキー・ファウラー
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界アマチュアランキング1位36週の実績

2017年マスターズ、リッキー・ファウラー選手は予選ラウンドを首位タイで決勝に進むと、3日目を終わって首位と1打差の3位タイで最終日を迎えた。最終日も前半はよく粘り優勝争いをするものの、アーメンコーナーで失速、上がり3ホールを全てボギーとしてしまい、優勝争いから脱落した。最終的には11位タイまで後退してしまったが、存在感と共に期待を抱かしてくれた1週間だった。
リッキー・ファウラー選手は、母方の祖父を日系2世に持つアメリカのプロゴルファーで1988年生まれ、フルネームにRickie Yutaka Fowlerとユタカの名前が入っている。元々モトクロスが専門で、ゴルフに本格的に取り組んだのが14歳の時だから、かなり遅い。それでも、天性の素質なのか2007年~2008年にかけて、主要アマチュア大会で優勝、世界アマチュアランキング1位の座を36週間維持した。
2008年には全米オープンにも出場、60位タイで終わったが、初日7位タイにつける活躍を見せ注目を集めた。そして2009年にはプロに転向、攻撃的なプレースタイルと斬新的なファッションで、ゴルフファンの注目を集めた。

ロリー・マキロイ選手を抑えて新人王獲得

2009年プロ転向後のPGAツアーデビュー戦は、10月に行われたジャスティン・ティンバーレイク・シュライナーズホスピタル for チルドレンだった。この試合で7位タイに入ると、翌週のフライズ・ドットコム・オープンでは2位に入る活躍を見せる。結局プロ転向1年目は、3試合に出場してベストテン2回とあとの1試合は40位タイだった。12月にはQTを受けて15位タイの成績で通過、2010年のシード権を獲得した。
2010年は28試合に出場して、2位が2回、3位が1回と初シード選手にしては、素晴らしい成績を挙げる。賞金ランキングで22位、フェデックスカップポイントで32位に着け新人王に輝いた。この年は、北アイルランドのロリー・マキロイ選手も新人王候補に挙がった。ロリー・マキロイ選手は賞金ランキング26位、フェデックスカップポイント36位だったが、1勝を挙げている。意見は分かれたが、リッキー・ファウラー選手に軍配が上がった。
2011年は24試合に出場、トップ3が1度しかなく賞金ランキングもフェデックスカップポイントも後退した。そして迎えた2012年、5月に行われたウェルズファーゴ選手権で念願のPGAツアー初優勝を挙げる。最終日は首位と3打差6位タイからスタートして追いつき、プレーオフでの初優勝だった。

おすすめの記事