「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

谷原秀人選手、海外への挑戦と待たれる国内賞金王の座

2017 6/30 12:56hiiragi
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカツアー挑戦か国内ツアーで賞金王をめざすか

谷原秀人選手は広島県尾道市出身のプロゴルファー。ゴルフを始めたのは12歳と決して早くはないが、高校生になるとジュニアで活躍、ゴルフの名門校東北福祉大学に入り腕を磨いた。卒業後2001年にはプロに転向、2002年から本格的にトーナメントに参戦を果たした。賞金王の経験はまだないが、賞金ランキングでは常時上位に顔を出す実力の持ち主である。2016年に池田勇太選手と賞金王を争い、最終戦までもつれ込んだが、タイトルは獲得できなかった。
2017年になるとマスターズ出場権取得のため、海外ツアーを転戦、最後のチャンス、WGCデルテクノロジーズマッチプレーで4位に入り念願のマスターズ出場権を手に入れた。この間、アメリカPGAツアーのポイントもたまり、来季出場権も視野に入ってきた。
谷原選手は2016年の日本プロ選手権日清カップヌードル杯の優勝で、2021年までの国内ツアーシード権を確保している。PGAツアーへの挑戦は乗り気だとの発言もあった。ただ、国内ツアーの賞金王を考えると、国内ツアーに専念した方が有利だ。PGAツアーに挑戦するか、国内で賞金王を目指すか、谷原選手の今後の動向が注目される。

2005年PGAツアーへの挑戦と挫折、そして2006年全英での活躍

谷原選手の海外ツアー挑戦は初めてではない。2005年にPGAツアーに挑戦した実績を持っている。
国内ツアーで初優勝を果たした2003年暮れにはPGAツアーのQTを受け失敗すると、翌2004年には2回目の挑戦で見事合格、2005年のシード権を獲得した。2005年はPGAツアー開幕第2戦ソニーオープンinハワイから出場したが、残念ながら予選落ちしてしまう。続くビュイックインビテーショナルでも予選落ちを喫するなど序盤戦から苦戦が続き、20試合に出場するも予選通過は6試合と振るわず、9月には日本のツアーに復帰している。
では谷原選手が海外では活躍できなかったか?というとそうではない。2006年の全英オープンではタイガー・ウッズ選手を向こうに、大活躍をして見せた経験を持つ。
この試合、初日はイーブンパーで回り68位タイと出遅れるが、2日目-4で22位タイ、3日目には-6で回りトータル-10で首位につけたタイガー・ウッズ選手と3打差の単独7位に浮上、最終日に期待を持たせた。最終日は2番でバーディを奪い3位に浮上する場面もあったが、6番でダブルボギーを叩き後退してしまう。それでも、後半スコアを立て直し、トータル-11で5位タイに食い込む大健闘を見せた。

おすすめの記事