「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

若手女子ゴルファー憧れの宮里藍選手、その強き戦歴を振り返る

2017 6/28 09:44hiiragi
ai miyazato
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ1年目で年間5勝、2年目で年間6勝

宮里藍選手は2003年、東北高等学校3年生の時に日本LPGAレギュラーツアーの、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントに優勝し、同年プロ宣言、史上初の高校生プロゴルファーの誕生で、世間の注目を集めた。
これだけでも、当時のゴルフジュニア世代にとっては、十分憧れの存在になり得たが、プロ1年目に、開幕戦のダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントに優勝すると、年間5勝を挙げ賞金額は1億2千万円を超え、賞金ランキング2位に入り、より高みへと昇って行く。
翌2005年も活躍は続き、年間6勝を挙げ、当時の絶対女王不動裕理選手を追い詰めた。残念ながら賞金女王にはなれなかったが、この年も1億円越えで2位に入った。そしてUSLPGAのQTを受け、2006年シーズンのシード権を獲得。2006年からはUSLPGAツアーを主戦場として戦うこととなった。

なかなか勝てなかったUSLPGAツアー

USLPGAのQTは12打の大差をつけての首位通過した。日本での実績と照らし合わせてみても、USLPGAツアーでの優勝は、時間の問題だと思われていた。しかし世界最高峰のツアーは、それほど簡単ではなかった。
ツアー1年目は21試合に出場して、TOP10が7試合、予選落ちが2回で、賞金ランキングは22位だった。数字的に見てみると、ドライバー飛距離の61位は最初から分かっていたことだったので良いが、サンドセーブ率が31.70%で122位は、ショートゲームが命綱の宮里選手には、致命的な数字である。
それでも、メジャーのマクドナルドLPGAチャンピオンシップでは、3日目首位に立つという大健闘を見せ、最終日最終組でスタートした。しかし首位と1打差の3位タイで惜しくもプレーオフに進めず。
2007年は25試合に出場してTOP10が7試合、予選落ちが5試合ながら、賞金ランキング17位、サンドセーブ率は48.60%で17位まで上昇した。2008年も優勝はなく、23試合に出場してTOP10が3回、予選落ちが6回もあり、賞金ランキング46位に落ち込んでいる。それでも、サンドセーブ率52.3%で7位まで上昇し、ツアーのバンカーにも慣れてきた。

おすすめの記事