「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

海外競技の経験も豊富、オリンピック日本コーチ・丸山茂樹選手

2017 6/28 09:44hiiragi
shigeki maruyama
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で9勝を挙げ2000年からPGAツアーに参戦

2016年、112年ぶりに復活したオリンピックのゴルフ競技で、日本代表チームのコーチに指名されたのは、男子プロゴルファー丸山茂樹選手。丸山選手のゴルフワールドカップにおける数度の日本代表経験、プレジデンツカップの代表経験に加えて、豊富な海外ツアーの実績や経験がオリンピックの舞台に必要だった。「まるちゃん」の愛称で、だれからも愛されるプロゴルファー丸山茂樹選手のその経験と実績に焦点を当てる。
丸山選手は日本大学ゴルフ部出身。学生時代の1990年、91年と日本学生ゴルフ選手権で優勝、1992年プロとなる。プロ初優勝は1993年宇部興産オープンゴルフトーナメントだった。-8を2日間も出してトータル-20で優勝。この年は賞金ランキングも20位に入り、シード権も獲得、プロゴルファーとして本当の意味でのスタートの年となる。
1995年賞金ランキング3位まで順位を上げると、1997年には日本プロゴルフ選手権大会など4試合に優勝を飾り、賞金ランキングも2位まで躍進する。結局1999年までの7シーズンで9勝を挙げ、2000年からはPGAツアーに本格参戦することとなる。

プレジデンツカップの代表に抜擢され活躍

1997年の活躍で、日本のホープと目された丸山選手は、1998年のプレジデンツカップ代表に抜擢され、アメリカ選抜選手相手に戦うことになる。プレジデンツカップというのは、プロゴルファーの国際化に伴い、ライダーカップに対抗して創設された大陸間対抗戦で、ライダーカップがヨーロッパ選抜対アメリカ選抜なのに対して、プレジデンツカップはヨーロッパ以外の世界選抜対アメリカ選抜で戦われる大会である。1994年に創設され、ライダーカップと1年交代で行われている。
1998年のプレジデンツカップはオーストラリアのメルボルンで行われ、世界選抜が勝利を収めた。この試合で丸山選手はチーム戦、個人戦の計5試合に出場して5戦5勝と大活躍し、チームの勝利に貢献して大会MVPに選ばれている。プレジデンツカップは2015年までの11回でアメリカ選抜が9勝1敗1分けと圧倒的な強さを見せているが、ただ一度の敗戦がこの大会だった。
丸山選手は2000年大会にも選抜され、選手として2大会で活躍したばかりではなく、2013年には世界選抜の主将を務めるニック・プライス氏に請われ、副主将を務めている。ニック・プライス氏は、丸山選手と共に戦ったチームメイトで、丸山選手の明るさにムードメーカーを期待しての要請でした。

おすすめの記事