「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

待望の賞金王獲得とオリンピック出場、池田勇太選手の2016年

2017 6/28 09:44hiiragi
yuta ikeda
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年からの忘れ物、賞金王を獲得した2016年

池田選手は千葉県出身のプロゴルファーである。東北福祉大学を卒業して2007年プロゴルフテストに合格、2008年からツアーに参戦。ツアー参戦1年目で賞金ランキング52位になり、シード権を獲得すると、2009年にはツアー4勝を挙げ、賞金ランキングも2位まで上昇する。すぐにでも賞金王になるだろうと、期待させる勢いだった。しかし、毎年上位に顔を出すものの、一歩及ばず、念願の賞金王獲得はその後ようやく2016年となる。
そんな飛躍を遂げた2016年、池田選手の初戦は1月28日開幕のSMBCシンガポールオープン。この試合は、日本ゴルフツアー機構の開幕戦で、アジアンツアーとの共同主管で行われた。従来の開幕戦は、4月に行われる東建ホームメイトカップだが、これでは年明けから開幕までのトーナメントのない期間が長すぎる。そこでアジアシリーズとして、アジアンツアーとの共同主管試合を1月に開催し、開幕戦を早めるとともに、ツアーの試合数そのものも増やすことにした。
アジアシリーズは2戦目レオパレス21ミャンマーオープンと続き、3戦目は4月のパナソニックオープンゴルフチャンピオンシップとなる。

選手会長として新規トーナメント開催に尽力

池田選手は2013年~2015年まで日本ゴルフツアー機構選手会の会長を務めた。その関係もあり、アジアシリーズの開催に向けては、一方ならぬ苦労もしている。
特に2戦目のレオパレス21ミャンマーオープンでは、スポンサー探しから始め、アジアンツアー幹部との人間関係を活かし、2013年で打ち切りになったミャンマーオープンを、日本ゴルフツアー機構のトーナメントとして、再開させたという経緯がある。
そんな思いも手伝ってか、アジアシリーズ第1戦のSMBCシンガポールオープンでは23位タイ、第2戦のレオパレス21ミャンマーオープン8位タイと順位を上げ、第3戦のパナソニックオープンゴルフチャンピオンシップでは、最終日の逆転で2016年の初優勝を飾ることとなった。
パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップも、2013年で廃止となったアジアパシフィックパナソニックオープンを復活させた形で、アジアシリーズとして新規登場した大会である。この大会の優勝により世界ランキングは上がり、夏に行われるオリンピックの代表枠内に入ることができた。

おすすめの記事