「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

年間10勝!女子プロゴルフ永久シード不動裕理選手の華麗なる戦歴

2017 6/28 09:44hiiragi
ゴルフ 優勝
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本女子プロゴルフ初の年間獲得賞金1億円越え

不動裕理選手は、熊本県出身の女子プロゴルファーだ。1996年プロテストに合格、68期生としてスタートした。2000年から6年連続賞金女王、史上初めて年間獲得賞金1億円突破、生涯獲得金額1位、史上最年少永久シード選手など、華々しい実績を持っている。
ツアー初優勝は、1999年11月に行われた伊藤園レディスゴルフトーナメントだ。最終日首位と2打差の2位からスタートし、見事逆転で勝ち取った初優勝し、1999年は27試合に出場してTOP10が16回。一度は首位に立ちながら、勝ちきれない試合もあったが、この優勝で、もう一つ足りなかった何かをつかんだのかもしれない。賞金ランキングでも10位に入り、翌2000年になると不動選手の快進撃が始まった。
2000年は27試合に出場し、TOP10が22回あり、優勝は6回。獲得賞金額は約1億2千万円で、女子プロゴルファーとして初めての1億円越えだ。まだ優勝賞金も今のように大きくない時代、6回の優勝賞金合計額は6480万円だった。優勝できなかった残りの試合で、いかに安定した成績を残して賞金を積み重ねたかがよくわかる。

ワールドレディスゴルフトーナメントでカリー・ウェブ選手に勝利

2001年は、開幕戦ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの優勝でスタートを切った。この試合は、2日目を終わって首位と6打差18位タイからの大逆転劇となった。風速20mを超える強風に、上位の選手がスコアを崩したのだ。不動選手は、強風を見越して前日練習した低いドライバーショットが好調で、ただ一人アンダーパーで回り、2位に3打差をつけての優勝となった。
2勝目は、8月に行われたヴァーナルオープンでした。続いて、8月末のヨネックスレディスオープンゴルフトーナメントで今季3勝目を挙げ、賞金ランキングもトップに躍り出た。結局10月にも富士通レディースを勝ち、2年連続賞金女王に輝いたのだ。
2002年は、ニチレイカップワールドレディスゴルフトーナメントで初優勝。この大会は、日本のトッププロと世界のトッププロの戦う場として、1973年に開始された。過去2年間はオーストラリアのカリー・ウェブ選手が優勝しており、勿論2002年も大本命。
予選で、不動選手とウェブ選手は同組で回り、初日にはトップに立ったが、3日目で追いつかれ、最終日はマッチプレーの様相だった。結局は最終日に-5を出した不動選手が、-2のウェブ選手選手を抑え勝利。世界トップに真っ向勝負で手にした勝利だった。

おすすめの記事