「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴルフルールブックに沿って解説するゴルフのルールと処理の方法その3

2017 6/28 09:44hiiragi
ゴルフ ルール
このエントリーをはてなブックマークに追加

踏まない またがないが基本、同伴競技者のパットの線

規則16はパッティンググリーンについてだ。定義では、プレー中のホールのパッティング用に特別に作られた場所となっている。従ってルール上、となりのホールグリーンは、パッティンググリーンではなく、規則は適用されない。また、夏用、冬用の2グリーン構成になっているホールの場合、プレー中のホールであっても、休ませている方のグリーンは、パッティンググリーンではなくなる。となりのホールグリーンや、休ませているグリーンは、目的外のパッティンググリーンと呼ばれ、ボールが乗った時に限り、救済が受けられる。

正規のパッティンググリーンでは、ボールが触れていればグリーン上のボールとみなされ、ボールを拾い上げて拭くことができる。拾い上げる前にはボールの位置をマークして、パットの順番が来れば元の位置にリプレースしてボールを打つ。
グリーン上は、ボールを転がす、グリーン面をこするなどの行為でテストをしてはいけない。 パットは、カップに遠い選手から順に、前の選手が打ったボールが止まってから打つようにするが、パット線をまたいだまま打つのは禁止されている。また、他の選手のパット線を踏むのも違反になり、またぐのもエチケット違反になるため注意が必要だ。

おすすめの記事