「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本の女子高校生ゴルファーは世界を席巻できるのか

2017 5/17 09:55hiiragi
AI MIYAZATO
このエントリーをはてなブックマークに追加

朴セリ世代と宮里藍世代

2017年日本女子プロゴルフツアーも始まり、週末には熱い優勝争いが繰り広げられている。そんな中、女子プロゴルファーに交じって、初々しい戦いで目を引く、女子高校生ゴルファーたちの人数がめっきり多くなった。そして彼女たちは、参加するだけではなく、上位に顔を出して、優勝争いに加わりそうな勢いだ。
実際、2014年4月のKKT杯バンテリンレディスオープンで優勝した勝みなみ(かつみなみ)選手、2016年の日本女子オープンで優勝した畑岡奈紗(はたおかなさ)選手は女子高校生だった。

女子高校生がここまで強くなった背景には、宮里藍選手の存在がある。2003年一人の女子高校生ゴルファーが、プロのトーナメントで優勝したのだ。そしてプロに転向、一躍時の人となった。当時、小学入学前の子供を持つ親達が、ゴルフを習わせたとしても不思議ではない。その時の子供たちが今高校生となり、最強高校生ゴルファーを形成しているのだ。

現在世界を席巻する韓国女子ゴルフ界で活躍している選手たちは、1998年の朴セリ選手の全米女子オープン制覇を見てあこがれてゴルフを始めた世代だ。5年遅れで日本女子ゴルフ界が世界を席巻するのかもしれない。

恵まれた環境

現在は女子高校生ゴルファーが育ちやすく、活躍しやすい環境にある。ジュニア向けのゴルフスクールやジュニア向けゴルフ大会も数が多くなった。中学、高校に進むと、レベルに合したレッスンや競技会が準備されている。クラブ活動にゴルフ部を取り入れる中学、高校も多くなった。日本ゴルフ協会や日本LPGAのサポート体制も万全を極めている。

日本ゴルフ協会ではナショナルチームを結成、世界に通用するトップアマチュアの育成に力を注ぎ、多くの高校生ゴルファーが選出されている。日本の代表として国際大会に参加できる機会をつかもうと、自ずと練習にも身が入る。
日本LPGAの試合数の多さも、女子高校生ゴルファーに活躍の場を提供した。2017年の、日本LPGAのトーナメント数は、賞金ランキング対象トーナメントが38試合予定されている。この試合数は3月初旬から11月中旬まで、ほぼ毎週行われる日程になる。これにステップ・アップ・ツアーが21試合開催される。こちらの大会にも高校生ゴルファーの出場機会は与えられるのだ。一部アマチュアが参加できない試合もあるが、年間70試合近いフィールドが与えられていることは確かだ。

おすすめの記事