「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

イ・ボミ選手の日本での戦いと2年連続賞金女王

2017 5/17 09:55hiiragi
 Lee Bo-mee
このエントリーをはてなブックマークに追加

QT10位で日本参戦2年で賞金ランキング2位まで浮上

イ・ボミ選手は大韓民国の女子プロゴルファーです。2007年プロになり、2010年韓国LPGAで賞金女王獲得の後、2011年から日本LPGAに本格参戦しました。そして2015年、2016年と連続賞金女王の座を獲得します。イ・ボミ選手の日本での戦いを振り返ります。
2011年の本格参戦の前に、出場資格獲得のため、2010年のクォリファイングトーナメント(QT)を受験しています。この年のQTにはシード権を落とした大山志保選手や、原江里菜選手なども出場して、多彩な顔ぶれでした。イ・ボミ選手は10位でQTを終え、ほぼ全試合の出場権を手に入れると、TPD単年登録者として2011年を戦いました。
開幕戦では、3位タイに入り、520万円を獲得しました。これで、自信をつけたのかもしれません。2011年は14試合に出場して賞金総額1915万円強でランキング40位につけ来季シード権を獲得します。
2012年には26試合に出場、2戦目のヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップで日本初優勝を飾ると、終盤の伊藤園レディスゴルフトーナメント、LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップとメジャー1勝を含む年間3勝を挙げ、賞金額も約10868万円で、ランクも2位と賞金女王を狙える位置まで躍進しました。

キャディ清水重憲さんとの出会い

2013年は満足のいくシーズンではありませんでした。初戦を予選落ちでスタートすると、予選落ちが3回、優勝2回で賞金獲得額も約8000万円と、ランクも7位まで下がってしまいます。
それでも2013年は大きな出会いがありました。9月に行われた日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯では、キャディを清水重憲さんにお願いして、優勝したのです。清水キャディとは2012年CAT Ladiesで初タッグを組みこの時は2位タイで終わっています。
清水キャディとは2014年に年間契約を結び、2015年、2016年とイ・ボミ選手の躍進を支えてくれました。その、清水キャディとの年間契約1年目の2014年は、5月のほけんの窓口レディースで初勝利を挙げ、8月のNEC軽井沢72ゴルフトーナメントでは3勝目を挙げるなど、賞金女王レースの本命かと思われました。
しかし、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ女子プロゴルフ選手権途中、最愛の父親を亡くし途中棄権、以降の試合でも結果を残せないまま、ランキング3位でこの年を終えました。それでも獲得賞金額は約11980万円で来季への望みは持たせました。

おすすめの記事