「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

尾崎将司選手、日本プロゴルフ選手権6勝の重み

2017 5/17 09:55hiiragi
golf drivers
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本プロゴルフ選手権で決めたプロ初優勝

日本男子プロゴル界のレジェンド尾崎将司(おざきまさし)選手は数々の功績を打ち立てた。プロゴルフツアー通算113勝、日本ツアー賞金王12回、国内メジャー勝利20勝など、挙げればきりがない。特にプロ日本一を決める日本プロゴルフ選手権では6回の優勝を誇り、他の追随を許さない。尾崎将司選手の日本プロゴルフ選手権での戦いを振り返ってみたいと思う。
尾崎選手の初優勝は1971年に行われた第39回日本プロゴルフ選手権だった。コースは宮崎県のフェニックスカントリークラブ、7105ヤードパー72の設定だった。
初日は強い風の中、ベテラン杉本英世選手が投げ出す。尾崎選手は4打差で続き、まずまずの位置で初日を終えた。2日目は雨で中止となり、3日目18ホール、最終日36ホールの変則スケジュールになった。
第2ラウンドとなった3日目は河野高明選手が首位に立ち、尾崎選手は2打差4位の好位置で、最終日の36ホールに挑んだ。尾崎選手は前半18ホールが終わった時点で、島田幸作選手と共に首位に立つ。そして迎えた後半戦10番ホールでは、300ヤードのドライバーショットから4番アイアンで2オンに成功、イーグルで優勝を決めた。 尾崎選手のパワーゴルフの始まりだった。

ライバルの年間制覇を止めた日本プロゴルフ選手権2勝目

1971年に初勝利を挙げた尾崎選手は、1971年5勝、1972年9勝とその後も順調に勝ち星を重ね、1973年には5勝を挙げて初代賞金王の座を手に入れた。
しかし、日本プロゴルフ選手権は1972年金井清一選手に2打差の2位、1973年はライバル青木功選手に大差をつけられ6位タイと優勝に手が届かなかった。そして、1974年第42回大会を迎える。この年の青木選手は当時の公式戦を連勝して、このままだと公式戦年間制覇の可能性も出てくる。尾崎選手としても、何とか阻止したい試合だった。
初日は出入りの激しいゴルフながら、ロングホールを全てバーディとして、-5で首位に立つ。青木選手は1打差の3位タイと絶好の位置からスタートした。2日目は前半伸ばしながら、終盤に連続ボギーがくるなど不安な面もあったが、-9までスコアを伸ばし首位をキープ、青木選手も-7と2打差で踏みとどまった。
3日目は7バーディ1ボギーとスコアを伸ばし、2位と5打差をつけて最終日に臨む。青木選手は首位と6打差の4位だった。最終日も順調にスコアを伸ばすが、15番16番と連続ダボで、一瞬ヒヤリとする場面もあった。しかし終わってみれば2位に4打差をつける楽勝でメジャー2勝目を手に入れた。

おすすめの記事