「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年女子プロゴルフ賞金女王の座、笠りつ子の可能性

2017 5/17 09:55hiiragi
ゴルフ トロフィー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年賞金レースは日本人トップ

2016年、日本LPGAの賞金女王は大韓民国出身のイ・ボミ選手でした。これで韓国勢の賞金女王は3年連続となり、2010年になってからの7年間でも、2013年の森田理香子選手以外の6年間は、すべて韓国勢が占めました。
そんな中、ここ3年間の日本勢トップは、2014年が全体5位の成田美寿々選手、2015年が全体6位の渡邉彩香選手、2016年が全体3位の笠りつ子選手でした。それぞれ翌年の賞金女王の座が期待されましたが、成田選手は2015年10位、2016年13位とランキングを落とし、渡邉選手も2016年は12位と浮上できませんでした。
2016年海外上位選手を見ても、ランキング2位に元世界ランキング1位申ジエ(智愛)選手、4位に成長著しいキムハヌル選手、6位に台湾の業師(わざし)テレサ・ルー選手がひしめいています。
2017年も日本人選手にとって、簡単な戦いにはなりそうもありません。それでも、笠選手には日本人トップとしての期待がかかります。笠選手のこれまでのランキングを見れば、2014年18位、2015年12位から2016年は3位へと着実な足取りで成績をアップしています。このまま推移すれば、久しぶりの日本人賞金女王が生まれる可能性は高そうです。

遅咲きで前向き

笠りつ子選手は2006年にプロテストに合格した78期生で、同期生には有村智恵選手や、藤田さいき選手がいます。この同期生トッププロ2人と比べてみても、笠選手は遅咲きのようです。
初シード権は有村選手の2007年、藤田選手の2006年に対して笠選手は2010年。初優勝は有村選手の2008年、藤田選手の2006年に対して笠選手は2011年でした。
初シードとなった2010年は、2009年末に行われたクォリファイングトーナメント39位の資格でトーナメントに出場、32試合に出場して、賞金獲得額2220万円強でランキング37位でした。シード選手として参戦した2011年は、初戦ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントは予選落ちを喫し、東日本大震災後、再開初戦でも予選落ちになり、苦しいスタートでした。
特に2戦目の西陣レディスクラシックは地元熊本県の開催でもあり、東日本大震災への義援金も獲得賞金の3%と決まっていたので、悔しかったのではないでしょうか。
そして8月末に開催されたニトリレディスゴルフトーナメントでは最終日、2打差に19人という大混戦を抜け出して初優勝を飾りました。これからもガンガン勝ちたいと、心強い言葉を残しています。

おすすめの記事