「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

メジャーハンターチョン・インジ選手は世界ランキング1位になれるのか

2017 4/12 20:20hiiragi
golf In Gee Chun
このエントリーをはてなブックマークに追加

日、米、韓のナショナルオープンをすべて初出場で制覇

USLPGA2016年シーズン平均ストロークのタイトルは、韓国のチョン・インジ(田仁智)選手が獲得した。世界ランキング1位のリディア・コ選手、年間3冠に輝いたアリヤ・ジュタヌガーン選手を抑えての、堂々の1位だった。
2016年からUSLPGAツアーに本格参入して19試合に出場、平均ストロークは69.583だった。2位はリディア・コ選手で69.596、3位はアリヤ・ジャスタヌガーン選手で、69.870だ。優勝は1回しかなく、獲得賞金額は1,501,102で4位、世界ランキングは3位だった。
2017年、チョン・インジ選手は世界ランキングで1位になれるのだろうか。 チョン・インジ選手は2012年にプロゴルファーになり、しばらくはKLPGAを主戦場に戦った。プロ初優勝は、2013年の起亜自動車韓国女子オープンだ。この試合は、韓国のナショナルオープンで、プロ初勝利を自国のナショナルオープンで飾った。
2015年には日本ツアーにも参戦する。初出場となったワールドレディスサロンパスカップに優勝すると、次はUSLPGAの全米女子ープンに出場、ここでも初出場、初優勝の快挙を打ち立てた。 勢いは止まらず、秋には日本女子オープンに初出場初優勝と日米メジャー3勝をすべて初出場で成し遂げた。

2015年日本ツアーでの戦い

2015年ワールドレディスサロンパスカップには、世界ランキング30位以内の資格で出場した。
初日の首位は同じ韓国のイ・ボミ選手。チョン・インジ選手は1打差の2位タイと、絶好の位置からのスタートとなった。2日目はスコアを伸ばせなかったイ・ボミ選手を逆転して首位に立つ。3位には日本の上田桃子選手が浮上してきた。3日目は好調で-5で回りトータル-13とスコアを伸ばす。2位には-8でこれまた好調な上田選手が着けている。最終日は+1とスコアを伸ばせなかった。しかし2位以下も伸ばせないまま、上田選手に4打差をつけて逃げ切り、優勝を飾った。
日本2戦目は日本女子オープンだ。初日は-1で4位タイと、首位と3打差の好位置からスタートする。2日目は+1で9位タイまで落としたが、3日目-1で首位と3打差の4位タイまで盛り返し最終日に臨んだ。この時点での首位は-4の菊地絵理香選手だ。最終日-1で回ってトータル-2で後続を待つ。結局+2とスコアを落とした菊池選手と6位から追い上げたイ・ミヒャン選手とのプレーオフとなった。イ選手は3ホール目で脱落、そして4ホール目でボギーながら菊池選手をくだして優勝を手にした。

おすすめの記事