「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

悲劇の主ダスティン・ジョンソン選手は世界ランキング1位に定着するか

2017 4/12 20:20hiiragi
Dustin  Johnson
このエントリーをはてなブックマークに追加

遠かった世界ランキング1位の座

アメリカPGAツアーの2015-2016シーズン、ダスティン・ジョンソン選手は22試合に出場して優勝が3回、獲得賞金額は9,365,185ドルで賞金王に輝いた。
6月には全米オープンに優勝すると、2週後の世界選手権シリーズWGCブリヂストン招待にも優勝して世界ランキングも2位まで上げる。好調は秋まで続き、プレーオフ第3戦BMW選手権でも優勝するが、世界ランキングで1位になることはなかった。しかし2017年、ついにその座を手に入れる。ダスティン・ジョンソン選手は世界ランキング1位に定着できるのだろうか。
ダスティン・ジョンソン選手には驚異的な飛距離がある。2015-2016年シーズンの平均飛距離は313.6ヤードでツアーランキングは2位だった。飛距離のアドバンテージは、イーグル数にも表れていてシーズン16個は1位タイだ。
しかし、不安要素もある。最終日の成績がよくないのだ。シーズン平均スコアは69.172で堂々の1位だったが、最終日になると70.05と32位タイまで落ちている。 そしてもう一つ、数字では表れない不安要素がハプニングだ。ダスティン・ジョンソン選手には悲劇とも思えるハプニングがついて回る。

ダスティン・ジョンソン選手について回る悲劇・バンカーでソール

ダスティン・ジョンソン選手の2016年末の世界ランキングは、ポイント数9.533、試合数47で、ジェイソン・デイ選手、ロリー・マキロイ選手に次ぐ3位だった。ジェイソン・デイ選手のポイントは40試合で10.9145と約1.4ポイントの差がある。総ポイントにして約65ポイント、メジャーで優勝すれば100ポイントなので、十分に可能性のある数字だ。
しかし、ダスティン・ジョンソン選手にはここ一番でなぜか悲劇がついて回る。2010年全米プロゴルフ選手権はウィスコンシン州にあるウィスリングストレイツで行われた。このコースは大小バンカーが1000か所もあるコースとしても有名だ。
初日-1の24位と、トップと3打差でスタートを切ると2日目、3日目も好調維持のまま-10と2位タイまで順位を上げ、最終日は最終組でラウンドした。そして、1打伸ばして-11で最終18番を迎える。この時点で首位は-11。しかし、1打目は大きく曲がってギャラリーの中へ。何とかパーで切り抜けてプレーオフかと思われたが、ここで思いがけないペナルティーが課せられた。
2打目地点がバンカーだと言うのだ。ギャラリーが踏む場所にある小さなバンカーに気がつかず、ソールしてしまったための2ペナルティだった。メジャー初優勝の夢が消えた、痛恨のバンカーショットだった。

おすすめの記事