「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ジェイソン・デイ選手は2017年メジャーに勝てるのか

2017 4/12 11:20hiiragi
Jason Day
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年初めての世界ランキング1位獲得

2016年末時点での男子ゴルフ世界ランキング1位は、オーストラリア出身のジェイソン・デイ選手でした。混戦を抜け出し、ランキング1位の座に定着したのは2016年3月末、マスターズの直前でした。誰もがマスターズの勝利を期待しましたが、マスターズはおろか、2016年のメジャー制覇ありませんでした。ジェイソン・デイ選手は、2017年のメジャーを勝てるのでしょうか。
ジェイソン・デイ選手が世界ランキングで初めて1位の座をつかんだのは、2015年9月に行われたプレーオフ3戦目、BMW選手権での優勝です。この年は世界ランキング8位でスタートすると、早々にファーマーズインシュランスオープンで1勝を挙げ、順調なスタートを切ります。中盤は満足な成績は残せませんでした。それでも、7月の全英オープンでは1打差の4位と調子を上げ、翌週のRBCカナディアンオープンで2勝目、8月の全米プロゴルフ選手権ではメジャー初制覇で3勝目を飾りました。
この優勝で世界ランキングも3位まで浮上、好調を維持したままプレーオフシリーズに突入します。プレーオフ1戦目のザ・バークレイズで4勝目を挙げ、世界ランキング3位のまま迎えたBMW選手権では、初日から首位を守り2位に6打差をつけての完全優勝で、初の世界ランク1位の座を手にしました。

ビッグ3から2016年世界ランキング1位に定着

しかし、1位の座は長くは続きませんでした。プレーオフ最終戦、ツアー選手権byコカ・コーラでは10位となり、優勝したジョーダン・スピース選手に1位の座を譲り渡してしまいます。結局2015年末の世界ランキングは、1位ジョーダン・スピース選手、2位ジェイソン・デイ選手、3位ロリー・マキロイ選手の順でした。
そして2016年初戦、前年の優勝者のみが参加できる、ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズは10位タイ、ファーマーズインシュランスオープンは、まさかの予選落ちといいところがなく、ジョーダン・スピース選手の独走を許す結果になります。それでもチャンスは訪れます。2位と3位を繰り返しながら迎えた3月のアーノルド・パーマー招待では、初日-6の66で飛びだすと、2日目、3日目も順調にスコアを伸ばし、2016年の初優勝を飾りました。
そして好調のまま迎えた翌週の世界ゴルフ選手権、WGCデルマッチプレーに出場すると、決勝でルイ・ウーストハイゼン選手に5&4で圧勝、2週連続優勝を飾り、世界ランキング1位に返り咲いたのです。以降2016年は1度も1位の座を譲っていません。

おすすめの記事