「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴルフルールブックに沿って解説するゴルフのルールと処理の方法その1

2017 4/12 20:20hiiragi
golf rules
このエントリーをはてなブックマークに追加

ルールブック第1章はエチケット

ゴルフルールはR&Aと全米ゴルフ協会とが共同で制定、修正したものが英語で発行されている。日本では、日本ゴルフ協会が翻訳して、日本語で書かれたルールを制定している。しかし、ゴルフルールは難解なゆえか、ゴルファーにもあまり覚えてもらえない。プロのトーナメントでも、ルールの認識不足で罰打を受ける選手がいるぐらいだ。
ゴルフルールはゴルフの精神と対をなす。つまり、ゴルフ競技では、ティーインググラウンドから打ち出されたボールは、あるがままにプレーされて、ホールインされなければいけないのだが、それができなくなったとき、公正に処理する方法がルールなのだ。
ルールブックを紐解けば、ゴルフの精神が詰まっている。意外と思うかもしれない、ルールブックの第1章はエチケットだ。以下、第2章用語の定義、第3章プレーについての規則と続く。
第1章エチケットには、ゴルファーの心構え、プレーの進め方が記載されている。他のプレーヤーに対する心配りや、安全の確認。プレーのペース。コースの保護などが、書かれていて、プレーヤーの皆さんがこの章に沿ってプレーすれば、より快適なゴルフが楽しめる。

よく使うけどわかりにくいゴルフ用語

第2章は用語の定義だ。アルファベット順になっているため、翻訳された日本語では順番が分かりにくい部分がある。全てを知らなくてもゴルフはできるし、ルールを覚えるうえでもそれほどは困らない。それでもキーとなるゴルフ用語は覚えておいた方が、何かと便利だ。

・「カジュアルウォーター」はウォーターハザード以外の一時的な水たまりだ。アドレスを取った時しみだす水も該当する。ボールが入ると、無罰で救済が受けられる。

・「ラテラル・ウォーターハザード」はウォーターハザードの処理ができない地形にあるウォーターハザードで、コース上赤杭か赤のロープで表示される。通常のウォーターハザードの処理に加えて、ボールが最後に横切ったポイントから、2クラブレングス以内にドロップできる。

・「救済のニアレストポイント」は動かせない障害物や使っていないグリーンから、無罰で救済を受けるときの起点となるポイントだ。救済を受ける障害物から完全に救済されて、止まっているボール位置からホールに近づかない地点で、止まっているボールから1番近い地点がニアレストポイントだ。この地点から、ワンクラブレングス以内にドロップしてゲームを続ける。カート道路にとまったボールやネットが邪魔でクラブが振れないときもこのケースだ。

おすすめの記事