「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

こんなことがあるの?ゴルフ界の奇跡の数々

2017 3/29 18:48hiiragi
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dziobek / Shutterstock.com

世の中には時としてあり得ないと思われる奇跡の出来事が起こる。 ゴルフ界でも過去に何回か、奇跡と言われる出来事が起こった。そんな数々の奇跡を紹介したい。

タイガー・ウッズ選手が手掛けたコースのオープニングショット

タイガー・ウッズ選手は、数々のミラクルショットで観衆を魅了してきた奇跡のような人だ。
そんなタイガー・ウッズ選手が設計・監修を手掛けたゴルフ場のオープニングセレモニーで奇跡のような出来事がおきた。ゲストとして登場した11歳のテイラー・クロージャー君が、81ヤードパー3で放ったショットは傾斜を転がり、カップに向かう。そしてそのままカップインした。タイガー・ウッズ選手もビックリする、将来が楽しみな少年の登場だった。

止まったボールが動き出した。ファジー・ゼラー選手のホールインワン

ファジー・ゼラー選手は、アメリカ出身のプロゴルファーで、マスターズと全米オープンにも勝っている実力者だ。ホールインワンを出しても珍しいことではない。しかし、一度確かに止まったボールが動き出したのだ。
それは2006年ワンアリアンツ選手権16番ショートホールでの出来事だった。ファジー・ゼラー選手の一打は少し大きく、グリーンで跳ねると転がってエッジも越えて奥のラフで止まってしまう。下りの難しいアプローチが残ったかに見えた。しかし、10秒後、突如ボールは動きだし、緩やかなスライスラインをカップインしてしまった。

おすすめの記事