「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

青木功プロVS尾崎将司プロ、お互いを認め合ったゴルフのライバル選手

2017 3/29 18:48hiiragi
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.pargolf.co.jp/

どんなスポーツでも、ライバルの存在はお互いのモチベーションを高め、技量を高め、そのスポーツ全体のレベルをも高めてくれる。 ゴルフ界で一時代を築き上げ、お互いをライバルと認めあう、青木功選手と尾崎将司選手を紹介する。

プロゴルファーまでの生い立ち

青木功選手は、1942年千葉県我孫子市生まれ。14歳の頃ゴルフと出会い、キャディからプロゴルファーへの道を歩み始める。1964年のプロテストに合格して、念願のプロゴルファーになった。
尾崎将司選手は、1947年徳島県生まれ。高校時代は有名な野球少年だった。青木選手がプロになった1964年には春の甲子園で優勝、やがてプロ野球の西鉄ライオンズに入団する。しかし野球では大成しないまま退団すると、ゴルフに転向。1970年にはプロテストに合格して、プロゴルファーの道を歩き始める。 5歳差の2人だが、あまりにも違うゴルフとの出会いだった。

青木功選手の記憶に残る実績

青木選手のプロゴルファーとしての初めての試合は、1965年の関東プロゴルフ選手権だった。最初から有望選手だったわけではない。初優勝は1971年の関東プロゴルフ選手権で、プロデビューから6年後のことだ。
しかし、初優勝からは毎年優勝を重ね、1976年に賞金王になると、1978年からは4年連続賞金王に輝く。この間、世界マッチプレー選手権で優勝、全米オープンでのジャック・ニクラウスとの死闘など、海外の試合へも積極的に参加した。
日本ツアー優勝回数51回は尾崎将司選手に次ぐ2位、1983年にはハワイアンオープンにも優勝しており、プロ通算優勝回数は78勝。2004年には世界殿堂入りを果たし、2016年から日本ゴルフツアー機構の会長に就任した。

おすすめの記事