「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴルフ界の貴公子ジョーダン・スピース選手の功績とは

2017 3/29 18:48hiiragi
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Debby Wong / Shutterstock.com

若きスターとしてアメリカのゴルフ界を牽引するジョーダン・スピース選手。 2015年に世界1位の座に昇りつめて以降、ベスト5から陥落したことがない。 ジョーダン・スピース選手の生い立ちや功績について紹介する。

全米ジュニアアマチュア選手権を2回制覇

ジョーダン・スピース選手は1993年生まれ、アメリカのテキサス州ダラス出身のプロゴルファーだ。若いうちから頭角を現し、2009年と2011年の2度全米ジュニアアマチュア選手権を制し、注目を集めた。この大会での複数回優勝は、タイガー・ウッズ選手に続く快挙だった。
2012年にはNCAA選手権にテキサス大学のチームメンバーとして出場し優勝。アメリカのトップ学生選手が選出されるオールアメリカンに見事選ばれると、全米オープンに出場してローアマチュアを獲得する。そして同年プロとしてのスタートを切った。10代プロの快進撃の始まりだった。

プロ初優勝で新人賞獲得

プロ初優勝は2013年のジョンディア・クラシックだった。-19で3人が並び迎えたプレーオフを勝ち抜いての優勝だった。この勝利には10代でのPGAツアー優勝は82年ぶりという記録までついてきた。この大会には2015年も優勝しており、巣ピース選手にとってはゲンのいい大会となっている。2013年はこの1勝に終わるが、新人賞を獲得し、プレシデンツカップのメンバーにも選ばれた。
2014年はPGAツアーの優勝こそなかったものの、4月のマスターズでバッバ・ワトソン選手に次ぐ2位タイ、11月の豪州ツアーで優勝、12月のヒーロー・ワールドチャレンジで優勝と大活躍し、イギリスとアメリカの代表選手で戦う「ライダーカップ」のアメリカ代表にも選ばれた。

おすすめの記事