「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

まだ10代!女子ゴルフ世界女王リディア・コ選手の実績と功績

2017 3/29 18:48hiiragi
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by BUGNUT23 / Shutterstock.com

女子ゴルフワールドランキング1位は、韓国で生まれニュージーランドで育ったリディア・コ選手だ。 2016年リオデジャネイロ五輪ではニュージーランド代表として出場、銀メダルを獲得した。 リディア・コ選手の功績を紹介する。

世界女子アマチュアランキング130週連続1位

リディア・コ選手は1997年韓国で生まれ、移住先のニュージランドで育った女子プロゴルファーだ。ゴルフを始めたのは5歳の頃で、2012年には全米女子アマチュアゴルフ選手権を若干14歳で制し、世界女子アマチュアランキングで130週連続1位を維持するなど、アマチュア時代から数々の記録を残した。
その間プロの試合にも出場、2012年にはオーストラリアツアーのNSW女子オープンで史上最年少で優勝すると、同じ年にはUSLPGAのカナディアン女子オープンにも優勝して天才少女ともてはやされた。この大会は2013年も制し、同年10月にはプロ入りを表明する。

最も影響力のあるティーンにも選出。プロ初年度の快進撃

プロになっても勢いは衰えず、2014年4月にはスウィンギングスカートLPGAクラシックでプロ初勝利を挙げると、7月のマラソンクラシックで2勝目、11月のCMEグループ・ツアー選手権では3勝目を挙げた。
そして、ルーキーオブザイヤーに選ばれるとともに、獲得賞金額も$2,089,033で3位、世界ランキングはインビー・パク選手に次ぐ2位にまで順位を上げて、来季に期待を持たせた。また、タイム誌の最も影響力のあるティーンエイジャー25人の1人にも選ばれている。

おすすめの記事