「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

豪快無双!ダスティン・ジョンソン選手の実績と功績

2017 3/29 18:48hiiragi
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by L.E.MORMILE / Shutterstock.com

2016年平均飛距離313.6ヤードの飛ばし屋ダスティン・ジョンソン選手。 池もバンカーも越えていくドライバーショットには、すごいを通り越して度肝を抜かれる。 ダスティン・ジョンソン選手の実績や功績を紹介する。

Qスクール経由でプロゴルファーに

ダスティン・ジョンソン選手は1984年生まれ、アメリカ出身のプロゴルファーだ。2007年アマチュアの米英対抗戦メンバーに選出されると、当時PGAツアーの参戦資格が与えられるQスクールに挑戦して、2008年シーズンのシード権を獲得する(現在ではシステムが変更されている)。
2008年初戦のソニーオープンでは10位タイ、2戦目12位、3戦目37位、4戦目のAT&Tペブルビーチナショナルプロアマでは-6の7位タイと順調な滑り出しを見せた。しかし、PGAツアーはそれほど甘くはない。6戦目以降予選落ちが多くなり、予選を通過しても上位には進出できなくなった。

プロ1年目、突然訪れた初優勝

2008年は夏場を過ぎてもあまり調子の上がらない試合が続いた。今季はこのまま終わるかにも思えたが、転機は突然訪れる。
10月2日から行われたツアー第38戦ターニングストーン・リゾート選手権、初日パープレーの28位タイからスタートすると、2日目-4で首位と4打差の7位タイ、3日目-6まで伸ばして首位と2打差の7位タイと絶好の位置につける。
そして最終日-3でラウンドするとトータル-9で優勝を手繰り寄せた。上位陣がスコアを伸ばせない中、17番18番の連続バーディで決めた見事な初優勝だった。結局2008年は賞金ランク42位でシーズンを終える。

おすすめの記事