「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴルフ界のレジェンド、アーノルド・パーマー氏の功績とは

2017 3/3 18:51kinsky
アーノルドパーマー,功績
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Debby Wong/Shutterstock.com

ゴルフ史に数々の金字塔を打ち立てた偉大なゴルファー、アーノルド・パーマー氏が先頃87歳の生涯に幕を閉じた。スーパースターとして一時代を築き、ゴルフを人気スポーツに発展させたパーマー氏の足跡を振り返る。

パーマー氏はプロ入り5年目で念願のメジャータイトルを獲得

アーノルド・パーマー氏は父親がゴルフコースのグリーンキーパーだったこともあり、幼少の頃からゴルフに親しみ、1954年、25歳の時に全米アマゴルフのタイトルを獲得して直ぐにプロ入りした。
翌年から本格的にツアーに参加してプロ入り5年目の1958年にメジャー大会のマスターズで優勝を飾り、一気に人気プロゴルファーとしての地位を確立した。その2年後の1960年には全米オープンに優勝し、翌年の1961年には全英オープンのタイトルを獲得して3大メジャーを制覇した。

マスターズには何と50年連続で出場という不世出の記録!

アーノルド・パーマー氏は1970年代頃まで第一線のプロとして大活躍を続け、米男子ツアーで62勝という歴代5位の輝かしい記録を達成している。そして、メジャー大会ではマスターズ4勝、全英オープン2勝、全米オープン1勝を挙げている。
マスターズには何と2004年まで連続50年出場を続け、おそらく今後も破られることが無いと言われる最多連続出場の記録を作っている。パーマー氏は賞金総額100万ドルを初めて達成したゴルファーで、1974年には世界ゴルフ殿堂入りを果たしている。

おすすめの記事