「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

勢いが止まらない!日本女子プロゴルフ発展の歴史と功労者たち

2017 8/17 16:20hiiragi
ゴルフ ai
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Rnoid / Shutterstock, Inc.

日本女子プロゴルフ協会設立に尽力、プロゴルファー中村寅吉氏

2017年に創立50周年を迎える日本女子プロゴルフ界の勢いが止まらない。2017年シーズンのトーナメントはLPGAツアーが38試合、ステップ・アップ・ツアーは3試合増えて21試合、レジェンズツアーも1試合増の5試合が予定されている。これで5年連続で試合数は増加し、日本LPGAツアー賞金総額も37億1500万円と、こちらも最高額を更新中だ。50年前、今の姿を想像できた人が何人いただろう。
総本山、日本女子プロゴルフ協会は1967年、日本プロゴルフ協会内に女子部として設立された。日本プロゴルフ協会が女子プロの試験を実施したのだ。応募者は26名で全員合格、女子プロゴルフ協会1期生としてスタートを切る。
日本女子プロゴルフ協会として独立したのは1974年だ。初代会長には中村寅吉氏が就任した。中村氏は男子プロゴルファーとして、カナダカップの団体戦と個人戦に優勝、日本にゴルフブームを作った功労者だが、女子プロゴルフ界にっとても功労者の一人だ。まだ女子プロゴルファーが生まれる前の1961年には全日本ゴルフ場女子従業員競技会の開催に尽力すなどして、積極的に女性プロゴルファーの誕生をバックアップしている。

全米プロで優勝、世界中をアッと言わせた絶対的女王樋口久子選手

女子プロゴルファーが誕生した1967年に行われた大会は1試合だ。女子部創設記念として開催された大会は1.5ラウンド行われたが、優勝者小川美智惠選手の平均ストロークは81.33だった。
1968年になると、日本女子プロゴルフ選手権とTBS女子オープン(日本女子オープンの前身)が開催された。この年行われた試合は2試合のみだ。7月に行われた日本女子プロゴルフ選手権は、プロテスト合格者の26名が参加して、1日1.5ラウンドを2日間の計3ラウンド、54ホールストロークプレーで争われた。
優勝は樋口久子選手だった。樋口選手は12月に行われたTBS女子オープンでも優勝して2冠に輝く。この年の樋口選手の賞金獲得額は35万円、2試合の優勝賞金を合わせての金額だ。樋口選手はその後、日本女子プロゴルフ選手権には7連勝、日本女子オープンには4連勝して第一人者として活躍する。1977年には全米女子プロゴルフ選手権で優勝して、世界中をアッと言わせた。
その後も勝ち星を重ね、通算勝ち星72勝、賞金女王11回と活躍する。1997年には日本女子プロゴルフ協会会長に就任、2003年世界ゴルフ殿堂入り、2013年日本プロゴルフ殿堂入りを果たしている。

おすすめの記事