「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ハミルトンがニキ・ラウダの想いを乗せてモナコGP制覇 F1モナコGPを振り返る【後編】

2019 5/27 16:14河村大志
2019年モナコGPを制したハミルトンⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

地元ルクレールは残念な結果に

今年のモナコGPを前にレジェンド、ニキ・ラウダの訃報が飛び込んでいた。メルセデス、そしてハミルトンにとって特別な存在だったラウダだが、それはF1界全体にも言えることであった。

多くの人がラウダのトレードマークだった赤いキャップをかぶり、レース前には1994年のモナコでアイルトン・セナとローランド・ローランドラッツェンバーガーに向けて行ったように、ドライバーが円陣を組み1分間の黙祷が行われた。

ニキ・ラウダの黙とうをするドライバーたち

Ⓒゲッティイメージズ

それぞれラウダに想いを馳せながらドライバー達は世界で最も優雅で過酷な戦いに備える。今回のレース、ハミルトンとベッテルはラウダのヘルメットペイントを自身のヘルメットに施した。ベッテルはフェラーリ時代のデザイン、ハミルトンはマクラーレン時代のデザインで決勝に挑む。

レース序盤、15番グリッドからスタートしたルクレールは予選後のコメント通り積極的なレースをみせ、12位までポジションを上げていく。

しかし、8周目のラスカスでヒュルケンベルグのインを突くも両者接触。ルクレールはハーフスピンし、その際にガードレールに当たってしまい右リアタイヤがパンクしてしまった。パンクが原因でフロアにダメージを受けたルクレールはピットイン、このアクシデントで散らばったデブリの処理のためSCが出動した。

SCが導入されたタイミングで上位勢がピットインしタイヤを交換。ソフトタイヤでスタートした上位勢だったがハミルトン、ボッタスがミディアムタイヤを選び、フェルスタッペン、ベッテルがハードタイヤを選択した。

このピットストップでフェルスタッペンとボッタスがピットロードで接触しフェルスタッペンが2位に浮上した。この接触でタイヤにダメージを負ったボッタスは翌周に再度ピットインしタイヤをミディアムからハードに変えた。

今回のレースでのタイヤ推奨ストラテジーはソフトタイヤでスタートした場合、18周目から22周目の間でミディアムタイヤに交換するというものだった。しかしSCが導入され上位陣がタイヤを交換したのは11周目だ。

つまりこの作戦が正しければハミルトンのタイヤが最後まで持たないことになる。一方タイヤの寿命が長いハードタイヤを選択したフェルスタッペン、ベッテル、ボッタスはハミルトンに比べタイヤの寿命に余裕がある。ここからハミルトンは苦しい戦いを強いられることとなる。

15位からのスタート、さらに接触の影響で1周遅れになってしまったルクレールだったが、無線で「プッシュできるよね?」と自身とチームを鼓舞したのだ。全くあきらめていないルクレールに感動を覚えた矢先、やはりダメージの影響か22周目にピットに戻り、リタイヤとなってしまった。

バーレーンやモナコでこのシャルル・ルクレールの凄さを思い知らされたわけだが、今年はなかなか結果が伴わない。彼ならさらに成長して来年のモナコに帰ってきてくれるはずだ。1931年以来の快挙は来年以降に持ち越しとなった。

おすすめの記事