「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

メルセデス開幕5連勝、ハミルトンがランキング首位に 次戦モナコGPは三つ巴の戦いか

2019 5/13 15:00河村大志
2019スペインGPを制したルイス・ハミルトンⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

勝負の決め手はやはりスタート!第5戦スペインGPをプレビュー

F1サーカスがヨーロッパに帰ってきた。開幕4戦を経て、各チーム大幅なアップデートを用意したが、やはり勝利したのはメルセデスだった。

予選ではランキングトップのバルテリ・ボッタスがチームメイトであるルイス・ハミルトンを上回り、3戦連続でポールポジションを獲得した。しかもハミルトンに約0.6秒という大差をつけてである。ポールポジションを争うQ3で、ハミルトンはバッテリーのチャージ不足という技術的なトラブルがあり、このアクシデントがボッタスに大差をつけられた原因と思われる。

しかし問題を抱えたハミルトンに対し、フェラーリ勢、レッドブル勢は戦いを挑むことができなかった。大きな波乱がない限り、レースではハミルトンとボッタスの優勝争いになると安易に予測することができた。

決勝レースでの優勝争いのポイントは、前戦のアゼルバイジャンと同じスタートにあった。スタートでボッタスが出遅れ、イン側にハミルトン、アウト側からセバスチャン・ベッテルと3ワイドで1コーナーに突入。1コーナーで前に出たのはハミルトンだった。レース終了後のボッタスのコメントでは、クラッチがつながっては切れてを繰り返すという問題を抱えていたそうだ。クラッチトラブルでボッタスはスタートを決めることができず優勝を逃してしまった。

一方、スタートで見せ場を作ったフェラーリのベッテルだったが、スタート直後の1コーナーでタイヤをロックさせフラットスポット(タイヤの一部分が摩擦により削られ、平面になってしまう事)を作ってしまった。ブレーキングで突っ込み過ぎて、後ろにいたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンにもパスされ、フラットスポットの影響でペースを上げることができなかった。

ペースが上がらないベッテルに代わり、チームメイトのシャルル・ルクレールを先行させたが、この判断にもチームは時間をかけ過ぎたのではないかと感じた。その後も早めに行ったピットストップで左リアタイヤ装着をする際に手間取り、1ストップのルクレールに対し2ストップのベッテルを先行させなければいけない場面では、チームオーダーを出さないなど、チーム自ら勝機を逃す結果となってしまった。これではメルセデスに対して劣っている点は、マシンの性能差だけではないと言わざるを得ない。

そんなフェラーリを抑えて、3位表彰台を獲得したのがフェルスタッペンとレッドブル・ホンダである。スタート直後に起きた前3台のバトルを冷静に対処し、3位にポジションを上げ、そのままポジションをキープし、フィニッシュした。

予選ではフェラーリの一角を崩し、決勝ではドライバーの冷静な判断にマシンのポテンシャルの高さが光った。やはりメルセデスに勝負を挑むポテンシャルとまではいかないが、レッドブルの車体、ホンダのPU、そしてドライバーは毎戦ごとに成長している。少しずつではあるが、確実に進化しているレッドブル・ホンダ、次戦はさらに上を目指せるであろうモナコGP。期待せずにはいられない。

おすすめの記事