「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大胆かつ妖艶!安藤美姫選手の魅力と功績

2016 9/29 01:32
Miki Ando
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Diego Barbieri / Shutterstock.com

安藤美姫選手の氷上での素晴らしい表現力や、自由奔放な生き方を少しのぞいてみたいと思わないだろうか。
女子初の4回転サルコウを成功させた輝かしい功績と、彼女の魅力を紹介する。

安藤美姫選手・プロになるまでの生い立ち

安藤選手がスケートに出会ったのは、8歳の時だといわれている。友だちに誘われて行ったスケート教室が最初だそうだ。翌年には名東フィギュアスケートクラブで2回転アクセルをはじめ、3回転サルコウなどのジャンプを次々と習得し、1999年12歳の時には全日本ノービス選手権Aクラスで優勝した。
翌年2000-2001年のシーズンにはオリオンフィギュアスケートクラブに移籍。週末には浅田真央選手を育てた佐藤信夫コーチの元に通いながら3回転ルッツ-3回転ループのコンビネーションジャンプを習得し、全日本ノービス選手権Aクラスの連覇を達成した。

安藤美姫選手・女子初の4回転サルコウ成功!

2001-2002年のシーズンは安藤選手にとって、まさにその名前を世間に知らしめるきっかけとなった。まずはISUジュニアグランプリチェコスケート、サルコウ杯、ファイナルのシリーズ3戦をすべて優勝、全日本フィギュアスケートジュニア選手権でも優勝するなど、勢いがとまらない。また、シニアの全日本フィギュアスケート選手権でも3位に入賞した。
2002?2003年にはジュニアグランプリファイナルで14歳ながら女子シングル初の4回転サルコウを成功させるという快挙で一躍時の人となった。現在でも4回転サルコウを決めたフィギュアスケーターは安藤選手ただ一人だ。

フィギュアスケート界に新風を巻き起こした安藤美姫選手

翌年2003年-2004年シーズンも4回転サルコウの成功によってジュニアグランプリファイナルをはじめ、全日本選手権なども村主章枝選手や荒川静香選手たちを抑えて初優勝と快挙が続く。2005年からは練習拠点をアメリカに移し新たなスタートを切った。
トリノオリンピック後は新コーチニコライ・モロゾフの元で、食事や表現力、技術を高めたといわれている。その後はけがやジャンプの失敗に悩まされ4回転サルコウを封印しながらも、持ち前の精神力の強さで素晴らしい演技を披露し、2010-2011年シ?ズンは四大陸選手権での初優勝した。また4年ぶりに世界フィギュアスケート選手権では優勝に返り咲いた。この世界選手権は複数回優勝することが難しく、安藤選手は史上16人目の快挙を達成したのだ。

現役引退後、安藤美姫選手の目指す道は

翌年のシーズンからはしばらく競技は休養し、アイスショーなどの出演をしていた安藤選手。2013年には極秘で長女を出産し人々を驚かせた。2013-2014年シーズンも現役を続けていたが、ソチオリンピックの出場権をかけて戦った全日本選手権で出場権が獲得できず引退を表明した。
現役を引退してからは、アイスショー出演のほか、バラエティー番組の出演、またチャリティ活動やフィギュアスケーターとしての経験を語る講演会なども行っている。母でありながらも女性としての可愛らしさにますます磨きがかかった安藤選手。これからも私たちを魅了してくれることだろう。

まとめ

14歳での4回転サルコウの成功から、私たちの目を釘づけにした安藤選手。また2回の世界選手権の優勝など、安藤選手の残した功績は素晴らしいものではないだろうか。
妖艶で女性らしい表現力は私たちの心を惹きつけて離さない。これからの安藤選手の活躍を見守っていきたいと思う。

関連記事

おすすめの記事