「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大胆かつ妖艶!安藤美姫選手の魅力と功績

2016 9/29 01:32
Miki Ando
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Diego Barbieri / Shutterstock.com

安藤美姫選手の氷上での素晴らしい表現力や、自由奔放な生き方を少しのぞいてみたいと思わないだろうか。
女子初の4回転サルコウを成功させた輝かしい功績と、彼女の魅力を紹介する。

安藤美姫選手・プロになるまでの生い立ち

安藤選手がスケートに出会ったのは、8歳の時だといわれている。友だちに誘われて行ったスケート教室が最初だそうだ。翌年には名東フィギュアスケートクラブで2回転アクセルをはじめ、3回転サルコウなどのジャンプを次々と習得し、1999年12歳の時には全日本ノービス選手権Aクラスで優勝した。
翌年2000-2001年のシーズンにはオリオンフィギュアスケートクラブに移籍。週末には浅田真央選手を育てた佐藤信夫コーチの元に通いながら3回転ルッツ-3回転ループのコンビネーションジャンプを習得し、全日本ノービス選手権Aクラスの連覇を達成した。

安藤美姫選手・女子初の4回転サルコウ成功!

2001-2002年のシーズンは安藤選手にとって、まさにその名前を世間に知らしめるきっかけとなった。まずはISUジュニアグランプリチェコスケート、サルコウ杯、ファイナルのシリーズ3戦をすべて優勝、全日本フィギュアスケートジュニア選手権でも優勝するなど、勢いがとまらない。また、シニアの全日本フィギュアスケート選手権でも3位に入賞した。
2002?2003年にはジュニアグランプリファイナルで14歳ながら女子シングル初の4回転サルコウを成功させるという快挙で一躍時の人となった。現在でも4回転サルコウを決めたフィギュアスケーターは安藤選手ただ一人だ。

おすすめの記事