「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

憧れのフィギュア選手に会える!アイスショーの基本知識や見どころとは

2016 9/28 16:32
スケート、アイスショー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Elena Vasileva/ Shutterstock.com

アイスショーに初めて行く、行きたい方へ。おさえておきたいアイスショーの歴史や公式試合・大会との違いについてまとめました。
過去の出演選手やプログラムの見どころ、チケットの取り方や観戦マナー、持ち物など、フィギュアスケートの会場観戦をサポートします。

アイスショーの基礎知識!ツアー発祥の地は北米

スケートリンクの上で行われるイベントをアイスショーと呼びます。アイスショーには「氷の上で行われる演劇やキャラクター・ショー」と「フィギュアスケーターが出演するショー」の2種類があります。ここでは、フィギュアスケートの選手が出演するアイスショーについてまとめますね。アイスショーのはじまりは1969年の北アメリカです。
五輪や世界選手権でメダルを獲得した選手を集めて、公式試合のようなルールに縛られない自由な演技、いわゆるエキシビジョンプログラムを披露する場としてスタートしました。最初はアマチュアと呼ばれる現役選手しか呼ばれないショーでしたが、1990年頃から現役を引退したプロのスケーターも出演できるようになりました。

アイスショー日本開催のきっかけはあの五輪金メダリスト!

日本では2006年からアイスショーのツアーが開催されるようになりました。ちょうど荒川静選手が金メダルを獲得して、日本全体がフィギュアブームに突入した頃ですね。現在日本では、主に公式大会のないオフシーズンを中心に、さまざまなアイスショーが開催されています。
2016年に行われる数は、東京・愛知・大阪・横浜など全国で19ツアー!日本は世界で最もアイスショーが盛んな国かもしれません。最初は1人ずつエキシビジョンプログラムを滑ることが多かったアイスショーですが、近年はスケーター同士がその時限りのペアを組んだり、グループで滑ったりと、自由度の高いプログラムになっています。

おすすめの記事