「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

疑問を解消!フィギュア世界選手権の国別枠や出場資格

2018 1/24 11:44hiiragi
フィギュアスケートシューズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

前年大会の結果で決まる国別出場枠

国際スケート連盟(ISU)が主催する世界フィギュアスケート選手権大会は、毎年男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンスの4種目が行われる。出場枠は各国に最低1枠が与えられているが、前年大会の成績により最大で3枠まで認められるシステムになっている。

このシステムは順位をポイントに換算して、同じ国の上位2名の順位の合計が13ポイント以下で3枠、28ポイント以下で2枠になるというもの。1枠の国の選手の場合は、2ポイント以内に入れば翌年の大会枠は3枠に増え、10ポイント以内で2枠に増える。

2018年の日本の出場枠はこうして決まった

2016年の世界選手権の男子シングルでは、羽生結弦選手が2位、宇野昌磨選手が7位。順位ポイントは9で、2017年世界選手権の出場枠3を手に入れた。
同様に女子シングルも宮原知子選手が5位、浅田真央選手が7位に入り、順位ポイント12で3枠を獲得した。

しかし2017年世界選手権では、男子シングルは羽生選手、宇野選手が1位2位を占めて3枠を獲得したものの、宮原選手を故障で欠いた女子シングルでは三原舞依選手が5位、樋口新葉選手は11位となり、順位ポイント16で2枠の獲得に終わってしまった。
1枠で出場したペアとアイスダンスは、ともにフリーには進めず1枠のままだった。

おすすめの記事