「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【フィギュアスケート女子】世界選手権でメダリストとなった日本人選手

2018 1/19 10:38Mimu
荒川静香
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人選手初の金メダリスト! 伊藤みどり

まず紹介したいのは、やはり伊藤みどりだ。彼女は、88年のカルガリー(カナダ)、92年のアルベールビル(フランス)オリンピックでの演技が有名であるが、実は世界選手権でも日本フィギュア史に残る活躍を見せている。
1989年にパリで行われた世界選手権、日本人選手どころかアジア選手としても初となる金メダルを獲得。さらに翌90年のハリファックス(カナダ)での世界選手権も2位に入っており、彼女の存在が日本フィギュア界の世界への道を切り開いたといっても過言ではない。

伊藤のジャンプは、とても高く美しい。すべてのジャンプで人を魅了させることができる選手であった。
中でも代表的なのは、トリプルアクセルだろう。88年に女子として史上初のトリプルアクセルを成功させると、89年の世界選手権でもこのジャンプを決め、金メダルを獲得した。
それまでの女子フィギュアは芸術性が重視されていたのだが、彼女の登場からジャンプがもっとも評価されるようになったほどだ。まさにフィギュア界の革命児ともいうべき存在なのである。

2000年代前半にしのぎを削りあった 村主章枝と荒川静香

2000年代前半には、村主章枝と荒川静香の2人も世界選手権でメダルを獲得している。永遠のライバル的な存在だった2人だが、世界選手権で先にメダルを獲得したのは村主だった。
2002年の長野大会で銅、2003年のワシントンD.C.大会で銅、2006年のカルガリー大会で銀と、3つのメダルを獲得。表情を上手く使った情熱的な演技は、多くの人を魅了した。

荒川もメダル数では村主には敵わないものの、やはりインパクトに残る活躍を見せている。2004年の世界選手権(ドルトムント)では、その村主を上回る金メダルを獲得し、2006年のトリノオリンピックで遂に金メダルを獲得した。
この時見せた「イナバウアー」は、流行語大賞にも選出。それだけ、彼女の演技が日本中に感動を与えたということだろう。

おすすめの記事