「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアスケート 小塚崇彦の功績のまとめ

2016 10/4 00:52
フィギュア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Olga Besnard/ Shutterstock.com

フィギュアスケートの小塚崇彦選手にスポットをあてたいと思う。
小塚崇彦選手が築き上げた功績をまとめて紹介する。

小塚崇彦選手のジュニア時代

小塚崇彦は5歳の時、現地で世界選手権を観戦したことがきっかけで本格的にスケーティングを始めた。始めたころは両親の指導の下で練習をしていたが、小学生のころからフィギュアスケートのコーチで有名な佐藤信夫、久美子夫妻のもとで指導を受けていた。ハイティーン前半の時は全日本ノービス選手権Bクラス2連覇、全日本ノービス選手権Aクラス2連覇を果たし、また、1999?2000に全日本ジュニア選手権に初出場にも関わらず9位入賞した。
2005?2006シーズンでは 、ISCジュニアグランプリではモントリオールで2位、2戦目のSBC杯では優勝した。ジュニアグランプリファイナルでは、日本人の男子では初となる制覇を達成した。また、全日本ジュニア選手権で優勝を納め、世界選手権では日本人3人目の優勝を成し遂げた。  

小塚崇彦選手のシニア以降のバンクーバーオリンピックまで

2006?2007のシーズンはISUグランプリシリーズ2戦目のNHK杯で総合3位となり、頭角を現し表彰台に立った。その後日本選手権で2位となり4大陸選手権を世界選手権を決め、世界選手権では総合8位となって健闘した。翌年の2009年ISUグランプリシリーズ大会での、日本男子シングル出場の3枠を確保した。2008?2009シーズンは初戦スケートアメリカではグランプリシリーズでは初優勝を収め、次のエリック杯では総合2位になり小塚選手にとっては初めてのグランプリファイナルで2位という好成績を収めた。
4大陸選手権ではフリーの演技で難易度の高い4回転トウループに挑戦するものの失敗してしまったが認定され、総合3位で銅メダルを獲得した。このシーズンでは目標に掲げていたバンクーバーオリンピックの出場枠の切符を高橋大輔選手、織田信成選手とともに手にした。バンクーバーオリンピックではフリースタイルでの演技で4回転トウループが成功し8位入賞した。

おすすめの記事