「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Fantasy Baseball(ファンタジーベースボール)で大事なことってなに?

2018 2/9 17:25mono
野球ボール,バット,メット
このエントリーをはてなブックマークに追加

日ごろの情報収集が大事!

アメリカで大人気のFantasyBaseball(以下ファンタジーベースボール)。日本からでもインターネット環境があれば参加可能だ。

《大枠のルールはこちらの記事を参照》アメリカで大人気!Fantasy Baseball(ファンタジーベースボール)ってなに?

このゲームに参加するファンの方々の多くは勝ちたい、優勝したいというのが本音だろう。しかし、多くのゲームがそうであるように必勝法は存在しない。
そのなかで各自が独自の戦略を作り上げ、毎年のシーズンに臨んでいるのである。

ひとつ言えることはドラフト前、シーズン開始後どちらにおいても情報収集がものを言うということだ。ケガをしている選手の復帰状況や各球団のスタメン、ローテーション予想。
さらには、マイナーの選手がどのタイミングでメジャー昇格を果たし、誰と入れ替わるのかなど情報は多いほどいい。
しかし人によっては、情報が多すぎると迷いが生じてしまう場合もあるだろう。そのあたりの判断は各自に委ねられる。

日本で報道されるニュースだけでなく、MLB公式サイトをはじめとした本場の情報を仕入れられるかがひとつの鍵となる。
もちろん、情報がなくとも数字を見て選手を入れ替えたり、思い入れや好きな選手だけでチームを構成することも可能だ。楽しみ方は人それぞれといったところではある。

ドラフトにおける駆け引き

シーズン前に行われるドラフト会議。ウエーバー方式、オークション方式と大きくふたつの方式がある。
それぞれに駆け引きがあり、各自の色がもっとも反映される部分でもあるだろう。どちらのドラフト方式でも、思い入れのある選手を獲得するのか。
それとも、成績を残しそうな選手を獲得するのかで方針は大きく変わる。

その例のひとつが日本人選手の扱いだ。日本人参加者のみのリーグだと、やはり日本人選手が人気となる傾向が強い。
ダルビッシュ有や田中将大といったエース級はもちろん、前田健太や岩隈久志などもアメリカでの評価以上に早く指名されることがほとんどである。日本人選手を応援しながら、チーム運営を行いたいという思うファンが多いのだろう。

ウエーバー方式のドラフトでは自チームの選手を指名してから、次の指名巡までに『誰を指名するのか』を決めることになる。
しかし、そのお目当ての選手が他チームに指名されてしまうことも当然ある。そのために第2、第3の選手も目星を付けておくことが重要だ。
直前でお目当ての選手が指名され、慌てないような準備を心がけたい。

オークションドラフトでは予算配分も肝となる。高額となることが予想されるマイク・トラウトやクレイトン・カーショーといった有力選手に予算をつぎ込むのか、大物は諦め中堅選手を満遍なく獲得していくのか方針はわかれるところだ。
なかには予算一杯まで大物選手を獲得し、その他を一般的には無名な選手でチームを構成するオーナーもいる。ドラフト前までに方針だけは決めておいた方がいいだろう。

おすすめの記事