「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

カーリングのルールを分かりやすく説明

2017 2/9 09:26
カーリング
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Bork / Shutterstock, Inc.

オリンピックで話題になり注目を集めているカーリングですが、実際に見ても細かいルールが分からずに首をかしげるシーンも多いのではないでしょうか。 本稿では、カーリングのルールについて簡単に説明していきます。

4人一組のチームを形成

まず最初にチーム編成についてですが、カーリングでは4人一組で一つのチームを編成して試合に臨んでいくことになります。 それぞれ、ストーンを滑らせるもの、指示を出すもの、スウィーピング(ブラシで氷を磨いてストーンの滑りを良くする役目の選手)を行うものに分かれて自分の仕事を果たしていきます。
相手チームももちろん4人一組のチーム編成なので、カーリングは合計8人がプレイヤーとなるルールで、実行されていくのです。

ストーンを真ん中へ

カーリングはいかにハウスといわれる中央部分にストーンを留められるかが重要です。
エンドといわれるフェイズ毎にチームが交互に一投のアプローチをし合い、合計8度(リード・セカンド・サード・フォースというチーム毎に割り当てがあり、それぞれ二投のアプローチを行う)ストーンを滑らせるのですが、終了後に相手チームの全てのストーンよりも内側にあるストーン全てが得点となるのです。
このようなルールなので、1つのエンドを制せなかったチームの得点は必然的に0点になります。一投一投慎重なプレーが求められるといえるでしょう。

おすすめの記事