「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ではまだマイナーなスポーツ、クリケット。発祥の経緯や歴史を紹介

2017 1/18 10:02
クリケット
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ostill / Shutterstock, Inc.

クリケットは日本での普及や知名度はまだあまりありませんが、海外では競技人口も大変多く、非常に人気のあるスポーツとして盛んに行われております。プロリーグもあり、年棒も何億という金額を稼いでいる選手もたくさんいます。そんなクリケットの歴史をご紹介します。

クリケットの発祥の地

クリケットは16世紀にイギリス、イングランドの南部でエドワード1世の息子であるエドワードによって競技されたのが初めとされる文献が存在しています。
18世紀末には、イングランドにおいて国民的なスポーツとなるまでに発展し、大英帝国の拡大により、海外でもプレーされるようになったとされています。
イギリスで発祥したスポーツであるために、インド、オーストラリア、バングラディッシュといった英連邦諸国においてはサッカーに続く世界でも第3位の競技人口となるまでに人気を誇るスポーツとなっています。

クリケットの起源はオランダ

クリケットの由来はいくつかあるとされていますが、語源としては、中期のオランダ語でKrickstoelと呼ばれていた教会で使われる背の低い膝付きの台が、初期のクリケットで使用されていたとされる2つのスタンプからなるウィケットに似ていることからきているといわれています。
またもう一つの由来としては、ボン大学のヨーロッパ言語の専門家Gillmeister氏によると、名称だけでなくスポーツ自体がフランドル地方が起源であると考えてられている事から、クリケットは中期オランダ語でホッケーを意味するとされているフレーズ「met de sen」に由来するスポーツではないかとする説があります。

クリケットの試合の始まり

1597年に検視官であったジョン・デリック氏が、学生だった50年前に共有地にて仲間とクリケットやその他の遊びを行ったと証言している事から、1550年頃からギルフォードの共有地にてプレーされていたとされています。
1610年頃からは、教区間において対抗戦が行われていました。プロ選手が誕生したのは、1660年で、1697年にはサセックスにて大金を掛けて争われたとされる記録が当時の新聞に残っています。
1707年にはロンドンでもクリケットが盛んになり、多くの観衆を集めたとされています。

クリケットの普及していった国

1839年にサセックスというカウンティー別対抗戦が開始、その後、1890年にカウンティー・チャンピオンシップが始まった事がきっかけとなり、クリケットが海外で普及する事となりました。
19世紀の半ばにはインド、カリブ、北米、南米ニュージーランド、オーストラリアに定着し、1844年にはアメリカ、カナダ間で初めての国際試合が行われるまでとなりました。
1862年にはイングランドがオーストラリア遠征を行い史上初のテストマッチを行ったのをきっかけに現在でも続いているジ・アッシズが始まったとされています。
テスト・クリケットは最高峰の試合とされており、およそ5日間かけて戦う試合となっています。

クリケットの黄金時代

1888年から1889年にかけて南アフリカがイングランドと対戦。これを期にテストクリケットが拡大していったとされています。
その後第一次世界大戦前の20年間がクリケットの黄金時代と呼ばれており、偉大な選手や記録に残る試合が生まれていた時代であった。この時、クリケットの歴史上最も偉大なバッツマンとして活躍していたのがオーストラリアのドン・ブラッドマンだったのです。
テストクリケットでは、通算打率が99.94もあり、現在でもその記録は保持しているほどの最高のバッツマンと呼ばれるにふさわしい選手として活躍していたとされています。

まとめ

クリケットの歴史を紹介しました。イギリスが発祥の地であり、その地から世界へと普及していったクリケットは現在も世界各地でバスケやサッカーに次ぐ人気のスポーツとしてプレーされています。発祥当時の偉大な選手を超える選手が今後、現われてくるかもしれません。日本ではなかなか知ることが出来ない日本ではニッチなスポーツだけに、これから注目していくと面白いかもしれません。

関連記事

おすすめの記事