「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界各国のクリケットが盛んな国を紹介

2017 1/18 10:02
クリケット
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mitch Gunn / Shutterstock, Inc.

クリケットは世界で人気の高いスポーツです。発祥の地はイギリスですが、今ではイギリス以外の国でも盛んに行われております。世界各国で盛んなクリケットが国によってどのような特徴があるのかをご紹介します。

クリケット発祥の地イギリスでの特徴

クリケット発祥のイギリスではカウンティークリケットのプロリーグがあります。全18チームで形成されており、2地区に分かれて優勝争いを繰り広げています。
チーム名には昔のカウンティー名がつけられている事が普通となっており、日本での野球やサッカーチーム名と同じように、その地区によってチームの名称がつけられています。 年棒は最低額が決められており、18歳から24歳まで約430万といったように年齢ごとに定められているようです。

クリケットが盛んな国インド。最高年俸が3億6000万円の選手も!

インドではインディアン・プレミアムリーグがあり、20方式のクリケットリーグが行われています。 このリーグは2008年に発足し、シーズンは全部で60試合、毎年4月に開幕します。1ヶ月半程度のリーグとなっており、5月の下旬には閉幕します。
レギュラーシーズンは各8チームが14試合行い、上位4チームがプレーオフ進出、そして優勝チームを決めます。 クリケットのプロリーグとしての規模は世界最大にもなるようです。このリーグの観客動員数は2015年では約171万人となり、1試合での平均にすると、約2万8500人の動員数であると言えます。 年棒は上限金額約11億としており、最高年棒選手は約3億6000万となっており、スポーツ界でもかなりの年棒を獲得している事になります。

おすすめの記事