「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

正にカリスマ!キックボクシングのレジェンド級の5選手を紹介

2017 7/10 10:01WALKINGMAN
ボクサー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Artem Furman/Shutterstock.com

キックボクシングは、団体や階級が数多くありますが、実は日本発祥の競技です。 その競技を有名にしたのは、日本で生まれたK-1でしょう。K-1では、数多くのスター選手も生まれました。 そこで、キックボクシングで過去に強烈なインパクトを残してきた、レジェンド級の選手を5名紹介します!

「20世紀最強の暴君」ピーター・アーツ

ピーター・アーツ選手は、オランダ出身のヘビー級のキックボクサーで、大木をなぎ倒す樵(きこり)という意味の「ダッチ・ランバージャック」の異名を持っています。
1987年にデビューしてからキャリアを積み、1992年4月にはキックボクシングで当時8年間無敗を誇っていたモーリス・スミス選手を判定で下し、その後はK-1を主戦場に大活躍しました。K-1 WORLD GPシリーズでは、世界の強豪が集まる大会の中、3回もの優勝を果たしました。
パンチ、キック、膝とすべてにおいて強い打撃を持っていましたが、その中でも強豪を次々に沈めてきたハイキックのインパクトが強烈でした。 通算101勝(68KO)31敗2引き分けの戦績を収めています。

「ミスター・パーフェクト」アーネスト・ホースト

アーネスト・ホースト選手は、現在のスリナム出身でオランダ国籍のヘビー級のキックボクサーです。 パンチ、キックの上下のコンビネーションが素晴らしく、その技術の高い完璧な戦いぶりから「ミスター・パーフェクト」と呼ばれていました。
また「戦う精密機械」「黒い閃光」という異名を持っており、K-1 WORLD GPシリーズで史上最多(タイ)の4回の優勝記録を持つことから「フォー・タイムス・チャンピオン」とも呼ばれるようになりました。また、勝利の後に舞う「ホースト・ダンス」で毎回観客を魅了させました。 通算100勝(61KO)18敗1引き分けの戦績を収めています。

おすすめの記事