「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングのボディーブローが得意になる!5つの上達のコツとは?

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Master1305/shutterstock.com

ボクシングの練習に励んでいる方へ。 「もっと攻め方を極めていきたい!」と考えている人のために、 今回は、ボディーブロー上達のコツを5つご紹介します。

ボディーブローの基本姿勢

上達するためには、基本を振り返ることがとても大切です。ボディーブローでは、肩の力を抜き、自然体でいることから始まります。その後、前足に重心を移動させます。後ろに引いている方の肩と腰を、さらに後ろの方にひねれば、力強いボディーブローを打つことが可能です。
このひねる動作がコンパクトにできれば、ボディーブローを素早く繰り出すこともできます。力が入ってしまうと、大きな隙ができてしまい、相手から攻撃されてダウンにつながります。

ボディーブローの打ち方

拳を後ろにひねれば、あとは回転を利用してボディーブローを繰り出すだけです。ひねるときには、体の軸を中心にする意識を忘れずに行いましょう。また、ガードする側の体は、脇をしめて、力が分散しないようにします。
ボディーブローを仕掛ける拳は、腰のあたりに添えます。上体を前かがみにして、相手の腹を目標に拳を突き出します。打ち終わったら、すぐに基本姿勢に戻ってください。隙ができやすい技なので、シャープな動きが求められます。

おすすめの記事