「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボルダリング上級者が知っておきたい上達のコツ5つ

2016 12/21 10:03
スポーツクライミング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jasminko Ibrakovic / Shutterstock.com

ボルダリングの上級者の方に耳寄り情報の紹介だ。 今回はもっと上を目指すための5つのコツを取り上げる。 ご自身のボルダリング技術をさらに高めるためのヒントにしていただければ幸いである。 ぜひご覧ください。

1.トゥフックで体を引っかけよう

ボルダリングで使うムーブの中に「トゥフック」というものがある。トゥフックは、その名の通り、足のつま先に近い部分を使うものだ。
ホールドに対して足を内股に入れるようにして足を引っかける。このようにすることで、足をホールドにしっかりと固定することができ、上半身の自由が利きやすくなる。自由になった上半身は、ひねったり、腕を遠くに伸ばしたりすることができるようになるので、さらに高い位置や横へ移動する時に使いやすくなる。

2.ヒールフックで体を持ち上げよう

トゥフックに続いて有効なムーブが「ヒールフック」だ。ヒールフックは足のかかと近くを使うもので、足をがに股にするようなイメージでホールドに引っかける。このヒールフックを使うことで、足の踏ん張りが利きやすくなる。踏ん張りが利きやすくなると、体をグッと持ち上げやすくなる。
ボルダリングは腕だけで登ることは不可能だ。腕の疲労は最小限にして、足で登っていくのがベストになる。前項のトゥフックやヒールフックを上手く使いながら登るようにしよう。

おすすめの記事