「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

滋賀レイクスターズ”最下位独走”からB1降格回避 “残留力”につながったチームの変化とは

2019 4/18 15:00SPAIA編集部
バスケットボール,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

布陣が整わず厳しい序盤戦に

2シーズン連続、最後の最後で残留プレーオフを回避し、今季も途中から“残留力”を掲げてシーズン後半を戦っていた滋賀レイクスターズ。

シーズン当初は全く活路を見いだせず、「最下位を独走」と表現してもおかしくない成績だったが、3月以降は勝率5割超えに。そして、4月13日には京都ハンナリーズに勝利しB1残留を決めた。この3年で最も状態が悪かった今季、どうやって再生を遂げたのだろう。

2シーズンに渡り司令塔を務めた並里成が、琉球ゴールデンキングスに移籍。そして、有望株として期待されていた#11佐藤卓磨が男子日本代表活動中に問題行動を起こし、出場停止に。一時はチームの主力を失った滋賀。#35伊藤大司や#45鹿野洵生などベテランを獲得したものの、核となる選手不在のままでシーズンを戦い抜けるのかと不安視されていた。

案の定、得点が伸びない上に大量失点をするなど攻守ともに崩壊。#31ガニ・ラワル、#32狩野祐介が奮闘するものの、チームは安定せず2月末の時点で8勝32敗と、残り20試合を残して残留プレーオフの進出は濃厚だった。

おすすめの記事