「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本バスケ界の新星・平岩玄へ、父からのメッセージ(上)~怒られてもきつくても仲間と共にバスケを続けた少年時代~

琉球ゴールデンキングス 平岩玄
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

平岩玄選手のこれまでの足跡

姉の影響で小学校1年生の時にミニバスから始め、土浦日大高校時代には3年生の時に国体優勝も経験した。その年のウインターカップでは、明成高校に敗れたものの準優勝になる。そして、U-17男子バスケットボール世界選手権大会に日本代表の一員として出場を果たす。

2016年4月に東海大学へ進学。彼が大学入学直後に東海大学・陸川監督から、私が出演するfmラジオの番組でインタビューする機会があり「1年生で楽しみな選手が入ってきた」と笑顔で話をされていた、その選手の一人が玄選手だった。

入学して1か月も経たないうちに迎えた関東大学バスケットボール選手権大会では、1年生にもかかわらずスタート5に名を連ねる。それ以降も、大学日本代表として、さらに学生ながら日本代表候補として代表合宿に参加を果たす。

そして、2018年2月には、Bリーグ琉球ゴールデンキングスに特別指定選手として入団をし、プロのコートを経験する。

「バスケットボールを始めた頃は練習が嫌いでした」小学校当時のエピソード

先程のラジオ番組の企画で、東海大学入学直後の平岩玄選手にインタビューする機会があった。

バスケットボールを始めたのは小学校1年の時で、姉に誘われて始めたのがきっかけだった。「始めた頃は、なぜかわからないが練習は嫌いだった」とその時の状況を明かす。本当に好きに変わったのは、きちんとバスケットボールができるようになった小学校6年生の時だった。

中学校に入学して、一番苦労したことが「走ること」だったという。「中学時代に在籍していたクラブチームの先生が走ることが大好きで、運動量とか最初の頃は困った」と話す。

バスケットボールを始めた頃の玄選手を側で見守っていた父・丈彦さんは「小学生のとき、(玄選手の)姉が入っていたミニバスクラブに入って、姉をライバル視しつつ、いつのまにか身長も実績も姉を越えていった」と当時の状況を明かした。

おすすめの記事