「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2位から優勝を目指すBリーグ2017-2018シーズン西地区琉球ゴールデンキングス

2017 11/27 14:14hiiragi
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

最終節の直接対決を2連勝でチャンピオンシップに出場

沖縄市をホームタウンに持つ琉球ゴールデンキングスは、Bリーグ初年度の2016-2017年シーズンを西地区で戦い29勝31敗と負け越したものの、地区2位となり年間チャンピオン決定戦のチャンピオンシップに出場。チャンピオンシップでは1回戦となるクオーターファイナルを同地区1位のシーホース三河と対戦したが2戦連続で敗れセミファイナルまでは進めなかった。

レギュラーシーズンでは最終32節を残して西地区1位のシーホース三河に1勝5敗、最終節の対戦相手2位の大阪エヴェッサにも1勝5敗で負け越して3位だったが、最終節で2連勝を飾り逆転で2位の座を確保した。

2017-2018シーズンに向けてフォワード、ガードとも大幅な入れ替えを断行

2017-2018シーズンでも西地区に編成されたが、1位だったシーホース三河と4位だった名古屋ダイヤモンドドルフィンズが中地区に移り、代わりにB2から島根スサノオマジックと西宮ストークスが昇格して西地区に編成された。昨季1勝5敗と負け越したシーホース三河が居なくなったのはやはり大きい。

戦力面では、フォワード、センター陣の外国人選手は総入れ替えとなり、サンロッカーズ渋谷からアイラ・ブラウン選手、千葉ジェッツからヒルトン・アームストロング選手を獲得し、ロードアイランド大学を卒業したハッサン・マーティン選手を迎え入れた。
ガード陣は残留の岸本隆一選手と津山尚大選手に加え、名古屋ダイヤモンドドルフィンズから石崎巧選手、アルバルク東京から二ノ宮康平選手を獲得し陣容を整えた。

おすすめの記事