「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

天敵が抜けて優勝を目指す!Bリーグ2017-2018シーズン西地区京都ハンナリーズ

2017 11/27 12:17hiiragi
ダンクシュート
このエントリーをはてなブックマークに追加

1度も勝てなかった天敵シーホース三河

京都市をホームタウンとする京都ハンナリーズ。Bリーグ初年度となる2016-2017シーズンを西地区で戦い、25勝35敗の成績で地区5位に終わり、他地区間対戦は12勝12敗の五分で乗り切ったが、同地区間対戦で13勝23敗と10ポイントの負け越しとなった。

特に西地区優勝のシーホース三河には、得失点差-130の0勝8敗とまるで歯が立たたない結果だ。確かにシーホース三河は強豪チームだが、東地区1位と2位の栃木ブレックスやアルバルク東京とは五分の星を残している。よほど相性が悪かったのだろう。

戦力を整えて優勝を目指す2017-2018シーズン

2017-2018シーズンも同じ西地区に編成され、幸運なことに、一度も勝てなかったシーホース三河と、4勝4敗だった名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、中地区に編成されて西地区から去っていった。
代わりにB2から昇格した西宮ストークスと、島根スサノオマジックが入ってきた。

戦力面ではガードからレギュラー格の小島元基選手、川嶋勇人選手が抜けて、東海大学からポイントガードの伊藤達哉選手、仙台89ERSからシューティングガードの片岡大晴選手が入団し、フォワード陣では新たに川崎ブレイブサンダースから永吉佑也選手が加わった。
昨季活躍したシューティングガード岡田優介選手、パワーフォワードのマーカス・ダブ選手は残留しており、これで優勝を狙える戦力が整ったということになる。

おすすめの記事