「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新天地で上位進出!Bリーグ2017-2018シーズン名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

2017 11/27 11:48hiiragi
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

主力選手の負傷が重なり2016-2017シーズンは無念の4位

愛知県名古屋市をホームタウンとする名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、Bリーグ初年度の2016-2017シーズンを西地区で戦い、27勝33敗の成績で4位と満足な結果は残せなかった。
名古屋ダイヤモンドドルフィンズのドルフィンは勿論イルカの意味だ。イルカの泳ぎのように自在にコートを走り、ダイヤモンドのように輝くという願いを込めたネーミングだったが、願いは届かなかった。

それでも、西地区優勝のシーホース三河には3勝3敗と五分の成績を残し、シーズン前半までは地区2位をキープしていたが、主力選手の負傷が重なり順位を落とした。
2017-2018シーズンに先駆けて開催されたアーリーカップ 2017では、東海北陸地区で準優勝に輝き新シーズンにはずみをつけた。

2017-2018シーズンは新天地の中地区が戦いの場

2017-2018シーズンでは、入れ替え戦で島根スサノオマジックと西宮ストークスが昇格して西地区に組み込まれ、名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、シーホース三河と共に中地区に組み込まれ戦うことになった。

戦力的にはセンターのデイビット・ウィーバー選手とポイントガードの石崎巧選手、パワーフォワードの鵜澤潤選手が抜けたが、滋賀レイクスターズのパワーフォワード兼センターのクレイグ・ブラッキンズ選手、シーホース三河のポイントガード柏木真介選手、琉球ゴールデンキングスのパワーフォワードの大宮宏正選手が加入した。
特にブラッキンズ選手は元NBAの選手で、滋賀では31試合に出場し平均14.9得点を挙げている。

おすすめの記事