「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

崖っぷち4連敗から奇跡の快進撃 バスケ男子日本代表W杯出場(下)

2019 2/26 15:02SPAIA編集部
バスケットボール,日本代表,渡邉雄太,フリオ・ラマスHC,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

歴史的勝利が日本の快進撃のはじまりに

ワールドカップ アジア1次予選5戦目は、全勝のオーストラリアと全敗の日本の対戦となった。この試合には#22ニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース)、#23八村塁(ゴンザガ大)が名を連ねたが、相手は世界ランキング10位の強豪。日本の勝利は厳しいと目されていた。

しかし、試合が始まるとファジーカス、八村が次々と得点。さらには各選手が攻守で奮闘し、接戦となる。体格差が圧倒的にあるチームに対して懸命に戦い続けた結果、79-78で大金星を挙げたのである。

この歴史的な勝利に自信を付けたチームはその後も連勝街道まっしぐら。

特に11月からの4連戦は八村、#12渡邉雄太(メンフィス・グリズリーズ)が所属チームとの兼ね合いで出場できない中、豪州戦までは迷いながらプレーをしていた選手たちが躍動。ファジーカスが軸となり、#6比江島慎(栃木ブレックス)、#18馬場雄大(アルバルク東京)がオフェンスで、#7篠山竜青(川崎ブレイブサンダース)がディフェンスで、#15竹内譲次と#24田中大貴(ともにアルバルク東京)が攻守で持ち味を発揮できるようになった。

そして最終戦のイラン戦ではダブルスコアで勝利。まさに“日本一丸”でワールドカップ出場を果たしたのである。

おすすめの記事