「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【皇后杯】JX-ENEOS6連覇 スタイル不変を貫きチームで勝ち取った皇后杯

JX-ENEOS,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【決勝】宮澤の4点シュートから流れに乗ったJX-ENEOS

1Q出だしから互角な戦いが繰り広げられる。残り3分12秒、2点差を追いかけるJX-ENEOSは、#1藤岡麻菜美に代わり#12吉田亜沙美をコートに送り込む。ここから#10渡嘉敷来夢が連続得点、#52宮澤夕貴が4点シュートを成立させ、5点リードで1Qを終了する。

2Qに入って、1Q終盤にビックシュートを決めたJX-ENEOS宮澤がレイアップ、3pを連続で決めて一気に10点リードとした。トヨタ自動車のタイムアウトを挟んでも、JX-ENEOSの勢いは止まらない。吉田、渡嘉敷のホットラインが機能しリードを15点に広げる。トヨタ自動車は前半2回目のタイムアウトを請求し流れを変えたいところだが、再び宮澤が2本のシュートと1本のブロックショットを決めて、トヨタ自動車に隙を与えない。終盤、トヨタ自動車#0馬瓜エブリンらに得点を重ねられるが、渡嘉敷の連続得点で15点リードを維持、前半を終える。

後半に入っても流れはJX-ENEOS。#33梅沢カディシャ樹奈が立ち上がりから連続で得点し、ペースを掴む。中盤でも#11岡本彩也花の3pなどで得点を重ね、最後は渡嘉敷が連続で得点を入れ、25点リードで3Q終了。

4Qに入ってもJX-ENEOSはリードをキープする。終盤、勝利が見えてきたJX-ENEOSは控え選手を投入するなど余裕の試合運び。結局、86-65でJX-ENEOSが勝利し、6連覇を達成した。

JX-ENEOS宮澤夕貴

Ⓒマンティー・チダ

おすすめの記事