「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【行くべや!】千葉県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケ,試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

千葉県の高校バスケットボール部には、全国大会に出場し好成績を収めている高校が多数ある。各校共に、クラブ活動と同様に勉学にも力を入れており、生徒が充実した高校生活を送れる環境作りにも余念がなく、有名バスケットボール選手も輩出している。

文武両道、目標はインターハイ出場!東海大学付属浦安高校

勉学とスポーツの「文武両道」を掲げている東海大学付属浦安高校。野球や柔道の強豪校として知られ、元プロバスケットボール選手の小宮邦夫の母校でもある。
声出しを中心に常にやる気を保ち、日々インターハイ出場に向けて取り組んでいる。近年は関東高校バスケットボール大会の県予選などで上位に入賞している注目の高校だ。

周囲の応援・サポートが魅力!日本体育大学柏高校

全国大会を目指し、チームが一糸乱れずに練習に取り組んでいる日本体育大学柏高校。インターハイ3回、ウインターカップに1回出場している。また2017年の関東高校バスケットボール大会ではBブロックに出場し、初優勝を果たしている。
同校バスケ部を応援する「日本体育大学柏高校男子バスケットボール部後援会」というサイトは、卒業生保護者が会長を務めるなど、チームの団結力だけでなく、周囲の人達の応援やサポートが魅力の高校だ。

海に囲まれた環境!八千代松陰高校

勉強と同様にクラブ活動も重視し「クラブ活動功労賞」や「必修クラブ」という単位を設けているユニークな校風が特徴。2015年、2017年のインターハイに出場している。
私立中高一貫校である同校は、中高合同でトレーニングを行うこともあり、幕張の浜での走りこみなどの練習を行っている。

学業にも力をいれている千葉県立幕張総合高校

幕張総合高校は、全国大会で優秀な成績を残すことを目標としながら、高校生であることを基本理念として学業にも力を入れている。
これまでにインターハイ4回、ウインターカップ1回の出場経験がある。

大会上位常連、船橋市立船橋高校

「全国大会出場そして上位入賞」を部全体の目標とし、それに向かって努力を積み重ねることで「人間形成をしていくこと」を掲げているのが特徴で、”市船”の愛称で親しまれている。野球やサッカーの名門校として知られているが、バスケットボール部も1985年のインターハイ、1998年のウインターカップでそれぞれ準優勝している強豪だ。
また多くの活躍選手を輩出しており、鵜澤潤(新潟アルビレックスBB)遠藤祐亮(リンク栃木ブレックス)がBリーグで活躍している。


《関連データ》【バスケ】船橋市立船橋のインターハイ2017を大予想!


まとめ

世界で最も競技人口が多いと言われているバスケットボールだが、これまで日本ではほとんどがプロの実業団体所属となっていた。しかし2016年にBリーグが開幕し、バスケットボール界には多くの注目が集まっている。
まだ千葉県=バスケという認識はないが、注目選手の活躍を目にすることで、多くの人たちがバスケに興味を持ってくれることに期待したい。

関連記事

おすすめの記事